ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

学校法人 水城高等学校

いままでのPCやタブレットでは叶わない授業がそこにあった。
2000名の生徒へのICT教育完全導入に選ばれた「YOGA BOOK」

概要

「道徳観の向上なくして学力の向上なし」という教育理念を掲げ、毎年難関大学に合格者を輩出する茨城県の水城高等学校。全校生徒数約2,000名という県内屈指の大規模校である同校は、ICTを用いた教育(ICT教育)においても、県内他校を先駆ける取り組みを始動させています。それは、全生徒に“タブレットPC(2-in-1型PC)”を携帯させ、“学び”に自由に使わせるという試みです。

この施策の中心を成すタブレットPCとして、インテル® Atom™ x5プロセッサーを搭載した、レノボの2-in-1型PC「YOGA BOOK」を採用、利用を希望した生徒約250名に配布し、授業での実活用をスタートさせています。加えて、2017年4月入学の全新入生(約550名)には入学当初から YOGA BOOK を所持させており、全校生徒がタブレットPCを持ち、いつでも、どこでもITを学びに活かせる環境作りに向けて本格的に動き出しています。

課題

文部科学省が2016年3月に打ち出した「高大接続改革」の流れに対応すべく、生徒の能動的な学びやポートフォリオ(学びの進捗・履歴)把握を支援するICT環境の整備に着手、その一環として「タブレットPC(2-in-1型PC)」を全校生徒に所持させる方針を立てた。それに伴い、携帯性、処理性能、堅牢性、コストパフォーマンスのすべてに優れたデバイスの導入が必要とされた。

ソリューション

レノボの「YOGA BOOK」を学校指定のタブレットPCとして選定、2017年2月に約250名の生徒に配布し、授業での YOGA BOOK の活用をスタート。また、2017年4月入学の新入生約550名全員に対しても、同デバイスを配布することに決定。

導入効果

YOGA BOOK の導入以降、生徒の間で“学び”に対するアクティブな行動が増え始めた。また、「軽い・薄い・信頼性に優れる」というデバイスの特長から、登下校の持ち運びにおける生徒の負担が最低限に抑えられているほか、導入後いまだ機器故障も発生していない。さらに、学校運営面においても生徒たちへの教材提供・情報提供の手間も低減され、多面的に効果が生まれている。

この課題を解決した製品・ソリューション

お客様プロフィール

お客様

学校法人 水城高等学校

所在地

茨城県水戸市白梅2-1-45

創立

1964年

教育コース

普通科(SZコース、SSコース、SAコース、SBコース)

学生数

1,939名(2017年4月1日現在)

教員数

138名(2017年4月1日現在)

URL

http://suijo.ac.jp/

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです