ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

ソリューション

オペレーティング・システム

OSの重要性

情報システムにとって、オペレーティング・システムの重要性は、あらためて強調するまでもありません。ハードウェア・リソースの効率的な管理、仮想化やセキュリティー機能、アプリケーション・ソフトウェアに対するシステムインターフェースなどを提供することで、情報システムの堅牢性・拡張性・安全性を高めます。

Lenovoサーバーは、ビジネスに適したオペレーティング・システムおよびハイパーバイザーと組み合わせることで、最高のパフォーマンスを発揮します。

OS製品紹介

Microsoft Windows Server

Lenovoのサーバーは、世界レベルの品質と技術により、ビジネスに必要なプラットフォームを提供します。そして、Microsoft Windows Server 2012 R2と組み合わせることで、物理環境・仮想環境の両方で、コスト効率の高いITインフラの構築と管理を可能にします。また、Windows Server 2012 R2は、場所やデバイスを選ばずに安全なアクセスが可能。社外からでも柔軟に対応でき、生産性を落とすことがありません。

Lenovoサーバーと、MicrosoftのWindows Server 2012 R2に代表される信頼性の高いOSソリューションの組み合わせは、互換性を実証・確認済みです。新進気鋭の小さな会社向け、期待を背負う大企業向け、プリインストール版、中古再生版など、LenovoはさまざまなWindows Serverオペレーティング・システムを取り揃えております。

─ Microsoft Windows Server 2012 R2

サーバー構成の信頼性と柔軟性を高めるため、Lenovoサーバー用Windows Server 2012 R2は、豊富なラインアップをご用意しています。主な機能および拡張機能は、クラウド・コンピューティング、仮想化、ネットワーク構築、ストレージ、自動化、ユーザーエクスペリエンスなど、多岐にわたります。また、Windows Server 2012 R2のライセンス形態はシンプルで、お客様の組織に以下のWindows Serverエディションから最適なエディションを選択可能です。

Datacenter Edition

高度な仮想化やプライベート・クラウド環境など、大企業規模の性能を提供します。このエディションはLenovoからご購入いただけます。またMicrosoft Hyper-V仮想化技術を搭載し、仮想Windows Serverオペレーティング・システム・インスタンスを無制限に設置可能です。1ライセンスあたり物理プロセッサー2個をサポートします。Datacenter Editionの追加ライセンスは2 CPU単位でお求めいただけます。ベースとなるDatacenter Editionライセンスと、お使いになるLenovoサーバーに搭載されたCPU数、必要分の追加Datacenterライセンスをご購入いただければ、4個以上のCPUを搭載したサーバーにも対応可能です。

Standard Edition

部分的な仮想化環境もしくは仮想化環境にないサーバー・インフラストラクチャーで、信頼性と柔軟性を向上させるよう設計されています。このエディションはMicrosoft Hyper-V仮想化技術を搭載しています。仮想Windows Serverオペレーティング・システム・インスタンスは2つまで設置可能で、物理プロセッサー2個をサポートします。追加のStandardライセンスは2 CPU 単位でお求めいただけます。ベースとなるStandardライセンスと、お使いになるLenovoサーバーに搭載されたCPU数、または仮想インスタンス数に必要分の追加 Standard ライセンスを購入いただければ、4個以上のCPUまたは仮想インスタンスを使用するサーバーにも対応可能です。

Storage Edition

高可用性のネットワーク接続ストレージ(NAS)およびNASゲートウェイを提供するよう設計されており、物理プロセッサー2個をサポートします。当エディションもLenovoからご購入いただけます。特徴は、クライアント・アクセス・ライセンス(CAL)が不要で、外部接続数に制限がないことです。 追加ライセンスは2 CPU単位でお求めいただけます。4個以上のCPUを搭載したサーバーにも対応可能です。ベースとなるWindows Storageライセンスと、お使いになるLenovo サーバーに搭載されたCPU 数に必要分の追加Windows Storageライセンスを購入いただくだけです。

Essentials Edition/Foundation Edition

ほとんどのビジネス・アプリケーションが動作する、信頼性の高いWindows Server技術を手軽に入手できるようデザインされています。Essentials Editionはプロセッサー1個または2個のサーバー向けで、ユーザーアカウント数は25までです。追加のCALは必要ありません。Foundation Editionはシングルまたはデュアル・プロセッサーのサーバー向けで、ユーザーアカウント数は15までです。このバージョンも、追加のCALは必要ありません。

─ Windows Server 2012用クライアント・アクセス・ライセンス

サーバーにアクセスする各ユーザーおよびデバイスには、Windows Serverクライアント・アクセス・ライセンス(Client Access License、 CAL)が必要です。Windows Server 2012 CALはLenovoからご購入いただけます。購入はサーバーに接続するデバイス単位(不特定のユーザー)、またはユーザー単位(不特定のデバイス)のいずれかになります。Windows Server 2012 CALは、Windows Server 2012およびWindows Server 2012 R2、またそれ以前のすべてのエディションに対応しています。Windows CALは組織の必要性に合わせ、大きく分けて2 タイプのライセンスからご自由にお選びいただけます。

Windows User CAL

アクセスに使用するデバイスの数に関わらず、サーバーにアクセスしてファイルの保存や印刷などのサービスを使用するユーザーの数に応じてCALを購入します。企業の従業員が複数のデバイスまたは不特定のデバイスを使用して企業ネットワークへのローミング アクセスを行う必要がある場合や、単に組織内のユーザー数よりもデバイス数の方が多い場合は、ユーザーCALの購入が適しています。

Windows Device CAL

デバイスを使用してサーバーにアクセスするユーザー数に関わらず、サーバーにアクセスするデバイスの数に応じてCALを購入します。交代制勤務などで複数の従業員がデバイスを共有するような企業においては、デバイスCALの方が経済的で、管理も容易です。

Exchange ServerやSQL Serverなど、お使いのMicrosoftアプリケーション・ソリューションによっては、追加のMicrosoft CALの購入が必要になる場合があります。

エンドユーザーがWindows Server OSからWindows Client OSへのリモート・アクセスを行う場合は、Remote Desktop Services(RDS)CALが必要です。Windows Server CAL同様、RDS CALもUser CALとDevice CALがあります。RDS CALはUser CAL、Device CALともにLenovoからご購入いただけます。Remote Desktop Session Host(RD Session Host)サーバー上に構成されるRemote Desktopライセンス・モードは、ライセンス・サーバーで入手するRDS CALのタイプと一致する必要があります。

─ Windows Server 2012 R2ダウングレード・キット

Microsoft最新のオペレーティング・システムを使用する準備が整っていない場合に備え、LenovoはWindows Server 2012 R2をWindows Server 2012またはWindows Server 2008 R2のいずれかにダウングレードするキットをご用意しました。
これにより、当面は従来のWindows Server 2012やWindows Server 2008を使用し、将来的にWindows Server 2012 R2の最新機能を使用できるようになります。
Windows Server 2012 R2ダウングレード・キットには、メディア・キーとアクティベーション・キーが同梱されています。Windows Server 2012 R2をWindows Server 2012またはWindows Server 2008 R2にダウングレードしても、Windows Server 2012 R2の製品ライセンス権は保持されます。

VMware

vSphereハイパーバイザーは、基盤となるハイパーバイザー アーキテクチャである「ESXi」という名前で知られているハイパーバイザーです。vSphereのハイパーバイザーは物理サーバーに直接インストールされ、複数の仮想マシンにパーティショニングされます。

各仮想マシンはほかの仮想マシンと同じ物理リソースを共有しており、すべての仮想マシンを同時に実行することができます。ほかのハイパーバイザーとは異なり、vSphereでは、リモート管理ツールを通じてすべての管理機能を操作します。また、基盤となるオペレーティング システムが存在しないため、占有量が150MB未満に抑えられています。

─ 信頼性とセキュリティーの向上

ESXiのベアメタル ハイパーバイザーの管理機能はVMkernelに組み込まれており、占有量が150MBに抑えられています。マルウェアやネットワーク経由の脅威による攻撃があっても、対象となる領域が非常に小さいため、信頼性とセキュリティーが向上します。

─ デプロイと構成の効率化

ESXiアーキテクチャでは、構成オプションが少なくなり、展開と構成がよりシンプルになったことで、一貫性のある仮想インフラストラクチャーを容易に維持できるようになります。

─ 管理オーバーヘッドの削減

vSphere ESXiでは、エージェントを使用しないハードウェア監視とシステム管理を使用しており、APIベースでパートナー製品と連携するモデルが採用されています。管理タスクは、vSphere Command Line Interface(vCLI)と PowerCLIによるリモート コマンド ラインで行われます。PowerCLIはWindows PowerShellのコマンドレットおよびスクリプトを使用して、自動管理を実現します。

─ ハイパーバイザーのパッチ適用とアップデートの簡素化

パッチが少ないので、メンテナンス時間を短縮でき、計画的なメンテナンスを減らすことができます。

─ 対応サーバー

VMware vSphere ESXiは、すべてのLenovoサーバーでサポートされています。一部の System x ハードウェアでは、オンラインでのプラットフォーム管理を可能にするカスタマイズ・バージョンも提供。カスタマイズ・バージョンには、ファームウェアの更新と設定、プラットフォーム、および改良されたハードウェア・アラートが含まれます。Lenovo管理ツールはまた、一部のLenovoサーバーが提供しているVMware vSphere hypervisor(ESXi)のシンプル管理にも対応しています。

Linux

Lenovoサーバー上でLinuxを稼動させることで、オープンで信頼性の高い安全なIT環境を実現できます。Lenovoから、Linuxオペレーティング・システム対応の各種サーバーをご購入いただけます。LenovoのさまざまなLinux対応サーバーは、お客様が今必要としているソリューションをデプロイし、作業負荷に応じて簡単に拡張できる柔軟性を提供します。

詳細については、LenovoのLinuxオペレーティング・システムをご覧ください。

関連ソリューション