ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

ソリューション

独自の技術を集結したネットワークOS「AlliedWare Plus」

アライドテレシスでは、独自開発したネットワークOS「AlliedWare Plus」を基礎としてネットワーク機器、通信経路を冗長化する「VCS」、「EPSR」や、運用・管理の効率化、コスト削減を実現する「AMF」、多層型セキュリティ強化を実現するアプリケーション連携ソリューション「SES」など、創造的な独自技術を生み出しました。2016年には自律型無線LANソリューション「AWC」が産学連携の研究開発成果を元に製品化、市場提供が開始されました。
これらは「VISTA MANAGER」によって有線・無線を問わず一元管理され、ネットワーク機器の自律的な運用と強固なセキュリティー機能を実現します。また、設計・構築・運用のワンストップITサービス「Net.Service(ネット・ドット・サービス)」により、IoT時代に最適なネットワークインフラをご提供しています。

  • VCS(バーチャルシャーシスタック)

    複数のスイッチを接続することにより、1台の仮想スイッチとして扱うことができます。

  • EPSR(Ethernet Protection Switched Ring)

    EPSR(RFC3619)は、レイヤー2レベルでの障害の検出と経路の切り替えをより高速に行います(最短50ミリ秒未満)。

  • AMF(Allied Telesis Management Framework)

    あらゆる種類のネットワーク機器を一元化、自動化、簡素化し、アライドテレシス独自のSDN(Software-Defined Networking)により、高効率ユニファイドマネージメントシステムを提供します。
    iCMG Architecture Excellence Awards 2014 ITインフラ部門 最優秀賞 受賞

  • SES(Secure Enterprise SDN)

    企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワークの運用にかかるコストの削減およびセキュリティーの強化を実現します。
    iCMG Architecture Excellence Awards 2015 Future IT部門 最優秀賞 受賞

  • AlliedWare Plus(AW+)

    業界標準のコマンド体系に準拠し、他社製品からの移行においても、エンジニアの教育にかかる時間と経費を大幅に削減することができます。

「AMF」これまでの保守の常識を覆す、迅速な障害復旧

AMFを利用することにより、工場出荷時状態の予備機を利用して迅速な復旧が可能となります。(以下 保守・運用作業の簡素化をご参照) 一般的なオンサイト保守(4時間駆けつけ等)と比較して、ダウンタイムの大幅な削減を実現し、業務への影響を最小限にとどめます。

AMFの5つの特長

AMFマスター対応機器もしくはAMF-Cloudと組み合わせて利用します。

パッケージ内容例

HX Seriesとの組み合わせ検証済み

Lenovo HX Series

はじめての導入やXpress構成に最適なコストメリットのある小規模構成向けスイッチから、Nutanixの拡張性を十分に生かせる中・大規模まで対応可能な上位スイッチまで、HX Seriesとの組み合わせ検証を実施し、安定稼働を確認しています。

  • AT-XS916MXT / AT-XS916MXS
    • AMFメンバー機能に対応

    • スタック可(VCS)

    • ESPRによるL2障害時の迅速な切り替え(50msec)

    • ループガード

    • 高温動作可能(~50℃)

  • AT-SBx8112
    • AMFマスター/AMFコントローラー機能

    • スタック可 双方向最大160Gbps(VCS plus)

    • 省エネ、省スペース 4Uで960Gpbs、7Uで1.92Tbps

    • 10Gbps x 136ポート(最大)

日本で30年の実績と全国をカバーする保守ネットワーク

日本全国をカバーする保守網

  • 日本で生まれ、国内ユーザーの実績と信頼を獲得してきたアライドテレシスは、2017年に創立30周年を迎えました。

  • 国内の要望を迅速に製品に反映することが可能な日本の東京・京都を含む世界10か所の研究・開発拠点。

    • AMF:iCMG Architecture Excellence Awards 2014
      ITインフラ部門 最優秀賞 受賞
    • SES:iCMG Architecture Excellence Awards 2015
      Future IT部門 最優秀賞 受賞

構成イメージ

安定稼働に加えて高い投資対効果も実現する、HX Series + アライドテレシス導入構成

サンプルハードウェア構成

HX 2310-E 構成

3ノード構成(1ノードあたりのスペック)

モデル

Lenovo Converged HX2310-E

CPU

16コア(2 × Intel Xeon E5-2609v4 1.7GHz 8コア)

メモリー(GB)

64GB(4×16GB DIMMs)

SSD(GB)

480GB(1×480GB SATA 2.5型)

HDD(GB)

6TB(6×1TB HDD):(1TB 7.2K 6Gbps NL SATA 2.5型)

ネットワーク

1Gb x4、10Gb 2ポートx1

Nutanixソフトウェアライセンス

Xpress版

ネットワークスイッチ

 

10Gb スイッチ

アライドテレシス AT-XS916MXT x 2台

1Gb スイッチ

アライドテレシス AT-SH230-10GT x 1台

お問い合わせ

販売店様からのお問い合わせ

受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00
(土、日、祝日、5月1日、12月30日~1月3日を除く)

0120-498-170

L_pitch@lenovo.com

お客様からのお問い合わせ

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30
(土、日、祝日、5月1日、12月30日~1月3日を除く)

0120-68-6200

hojin_jp@lenovo.com

関連ソリューション

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです