ThinkStation完全検証 ~達人が試す、AutoCADにSSDは有効か? ThinkStation E31 SFF

レノボ・ジャパンから登場したエントリーワークステーション「ThinkStation E31」は、従来のタワーボディーに加えて、新たにコンパクトなボディーのSFF(Small Form Factor)を選択できるようになりました。ThinkStation E31 SFFは、Quadro 600も搭載できますので、2D CADはもちろん、エントリークラスの3D CADにも十分対応できます。さらに、ストレージとしてHDDよりも高速なSSDを搭載したモデルも用意されており、より快適な環境を実現できます。そこで、AutoCADやAutoCAD Civil 3Dの達人である芳賀百合氏に、SSD搭載ThinkStation E31 SFFの使用感や実力についてお訊きしました。

置く場所に悩まないThinkStation E31 SFF

ThinkStation C30のMaximus構成
AutoCADの達人 芳賀百合氏

芳賀氏は、土木設計事務所でCADオペレーターをつとめるほか、CADインストラクターも兼任しており、AutoCADやAutoCAD Civil 3Dの使いこなしに関しては、国内有数のエキスパートである。また、国際的なAutodeskのユーザーコミュニティであるAUGIのメンバーでもあり、Autodeskが運営するBIM/CIM関連のWebサイトで、AutoCAD Civil 3D入門の連載も行っている。

芳賀氏は、これまでThinkStation E30をCAD業務に利用していたが、今回、最新のThinkStation E31 SFFにリプレイスすることになった。

ThinkStation C30のMaximus構成
容積わずか11リッターの
ThinkStation E31 SFF

芳賀氏は、まずそのボディーの小ささに驚いたという。「ThinkStation E31 SFFの箱を開けて驚いたのが、本体がとても小さいということです。これまで使っていたThinkStation E30は、性能や安定性には満足していましたが、ボディーが大きいので置く場所の確保が必要でした。しかし、ThinkStation E31 SFFなら、置く場所に悩む必要がありません」(芳賀氏)。ThinkStation E31 SFFのボディーの容積はわずか11リットルで、従来のタワーボディー(容積25リットル)の半分以下しかない。縦置き時の横幅はタワーボディーが175mmだったのに対し、ThinkStation E31 SFFでは99.7mmへと大きくスリム化されており、ちょっとしたスペースに気軽に置けることが利点だ。

排気方向を変えられる排気ダクトが秀逸

ThinkStation C30のMaximus構成
背面に取り付けられている排気ダクトは、
排気方向を上または横に切り替えることが可能だ

芳賀氏は、ThinkStation E31 SFFに採用されている排気ダクトにも大いに感心したという。「背面に取り付けられている排気ダクトは、排気方向を上や横に切り替えることができます。例えば、オフィスなどで、対面で座って仕事をすることがありますが、そうした場合にも相手に排気穴からの熱い風が吹き付けることはありません。日本のオフィス事情にあった嬉しい機能ですね。私はCADスクールの講師もやっていますが、夏の教室では生徒のPCの背面からの排気で、暑くて大変なんです。排気方向を変えられるThinkStation E31 SFFなら、そういうことはないですね」(芳賀氏)。排気方向を変える機構は仕組みとしては単純だが、他社の製品では見かけない。さらに、USBポートが間隔をあけて配置されていることや、ゴム足の形状や取り付け方法にもこだわっていることなど、使い勝手を高めるさまざまな工夫が随所に見られることも、レノボ製品ならではの魅力だ。

さらに、ThinkStation E31 SFFは、動作音が非常に静かなことも高く評価できる。電源投入時にファンが高回転数で回ることもなく、通電中かどうかわからないほどだ。