ThinkStation完全検証 ~モバイルBIMマシン、ThinkPad W540をアクセサリで強化する
ThinkPad Wシリーズを使っているグラフィソフトのプロダクトマーケティング担当トロム ペーテル氏
ThinkPad Wシリーズを使用している
グラフィソフト プロダクトマーケティング担当トロム ペーテル氏

3D CADを動かせる性能はもとより、ハードな業務を休みなく支え続ける高い耐久性や信頼性を持つモバイルワークステーション、ThinkPad Wシリーズ。このシリーズが登場以来、多くのクリエイターやビジネスパーソンから好評を得てきた。

そして、その最新モデル、ThinkPad W540では「3K」と呼ばれる2880×1620ドットの液晶を搭載可能となり、本体だけでも広い作業画面を持ち、モバイルでも本格的な作業ができるようになった。そこで、ワークステーションの代表的な用途でもあるBIMソフトウェアの活用における最新状況を取材した。

年々高まるモバイルワークステーションの需要

最新のBIMアプリケーション「ArchiCAD 17」
最新のBIMアプリケーション「ArchiCAD 17」

グラフィソフトのプロダクトマーケティング担当トロム ペーテル氏によれば、ワークステーションのモバイル利用に対する需要は年々高まっているという。セキュリティの関係で図面の持ち出しが禁止されている企業をのぞけば、打ち合わせの会議室にモバイルワークステーションが持ち込まれることが多く、もはや必需品と言ってもよいとのことだ。

実際にペーテル氏も前々モデルのThinkPad W520からモバイルワークステーションを持ち歩いており、客先で実施にArchiCADの実演をするなど活用している。

また、グラフィソフトでは、ハードウェアの認証制度を設けていないが、ThinkPad W540でのArchiCADの動作は確認済みであり、グラフィックもNVIDIA Quadro K1100MまたはNVIDIA Quadro K2100Mを搭載し、3Dの描画パフォーマンスについても問題はないという。

そして、グラフィソフトのスタッフがThinkPad W540を持ち運び、実際に訪問先でデモンストレーションを行うといった活用をしていることからも、最新のArchiCAD 17をはじめBIMの安定した動作を期待してよいだろう。

便利なドッキングステーションに対応

外部モニターに対応、インターフェースにDisplayPortを装備するため2560×1600ドットといった超高解像度モニターへ出力も可能。資料を見ながらの操作に便利なコンパクトな外部キーボードをUSBで接続する際もドッキングステーションに接続できる
外部モニターに対応、インターフェースにDisplayPortを装備するため
2560×1600ドットといった超高解像度モニターへ出力も可能。
資料を見ながらの作業に便利なコンパクトな外部キーボードも
ドッキングステーションにUSB接続しておけば便利だ。

実際にモバイルワークステーションを活用していく上で必要なのは、本体の性能のほか、外部モニターとの接続性。3Kという高い解像度の液晶を持っていても、やはり自分のデスクに戻れば、より大きなサイズの外部モニターと接続、広い画面を存分に使った作業も必要となる。

外部モニターに加え、ネットワーク、マウスや外部キーボードをはじめ、各種周辺機器との接続も必要で、本体にそれぞれのケーブルを1本ずつ接続していくことは不便。その点ThinkPadならばドッキングステーションを用意しており、ThinkPad W540を「上に乗せるだけ」のワンタッチ着脱で各インターフェースとの接続や電源の接続が済んでしまう。

ドッキングステーションに搭載するインターフェースも十分な数が用意されており、本体に加えて複数の外部モニターを接続可能。ThinkPad W540の場合はドッキングステーションに最大3台、本体の液晶や本体のインターフェースを合わせると最大6面の画面を表示することが可能。作業画面の充実という面でもデスクトップタイプのワークステーションの代わりを十分に果たすことができるようになっている。

その一方で、持ち運びしやすいノート型のワークステーションだけに、盗難や紛失の心配もある。ThinkPad W540に対応するドッキングステーションにはロック機能があり、カギで分離を阻止。ドッキングステーションを市販のセキュリティケーブルで固定しておけば、ThinkPad本体はカギがなければ切り離しができず、盗難や紛失の恐れを大幅に軽減できる。

ドッキングステーションのラインアップと詳しい説明

ドッキングステーションからは最大3系統の出力が可能。DisplayPortを2本使ってデジタル2系統出力もサポート、このような使い方も可能だ
ドッキングステーションからは最大3系統の出力が可能。DisplayPortを2本使ってデジタル2系統出力もサポート、このような使い方も可能だ。
モニターはThinkVision LT2452pを使用、DisplayPortによるフルHD+(1980×1200)×2画面でCADに最適だ。
ThinkPad ウルトラドック では多数のインターフェースを装備する。USBポートも豊富で周辺機器の接続にも困らない
ThinkPad ウルトラドック では多数のインターフェースを装備する。USBポートも豊富で周辺機器の接続にも困らない
ドッキングステーションとThinkPad本体は強固にロックされ、カギをかけることも可能。市販のセキュリティケーブルでロックすれば本体の盗難対策もできる
ドッキングステーションとThinkPad本体は強固にロックされ、カギをかけることも可能。市販のセキュリティケーブルでロックすれば本体の盗難対策もできる

高いセキュリティー性能で機密を守る

持ち運ぶことのできるモバイルワークステーションの活用が期待されるが、現実のBIMの分野での活用は、図面の持ち出しが許可される企業に限られる。建設業に限らず、モノ造りの業種全般に言えることだが、図面は機密事項に該当することが多く、持ち出してに関して何らかの制限がある。

その点、ThinkPad W540には高いセキュリティ性能を備えて対応する。本体の起動や利用をパスワードで保護するだけでなく、内蔵ストレージ全体をハードウェア的に暗号化するセキュリティチップの標準搭載はもちろん、さらに高い暗号化性能を持つハードディスクドライブをオプションで選択できる。

パスワードで起動を制限するだけなら通常のPCでも対応するが、技術と悪意を持った者からすれば、分解して内部のハードディスクから直接データを取り出すことも不可能ではない。ところが、ThinkPad W540のようにセキュリティチップの搭載やオプションの暗号化性能を持つストレージを搭載していれば、分解してもすべてが暗号化されているので、特殊な技術を用いてもデータを取り出すことは極めて困難、実際にデータを盗むのはほぼ不可能となる。

このようなセキュリティー機能を活用することで、今まではデータの持ち出しが制限されていた企業でも、今後はデータを外部で活用すること可能になることもあるだろう。

キャリングケースをご用意!

ThinkPad ビジネス・バックパック。両手が使えるため、長時間の移動や自転車にも最適。収納力と衝撃吸収力も抜群
ThinkPad ビジネス・バックパック。両手が使える
ため、長時間の移動や自転車にも最適。収納力と
衝撃吸収力も抜群

持ち運びが多くなると、次に心配な点は強い衝撃が加わるといった物理的な破壊。ThinkPadシリーズは高い耐久性を持つノートPCとして定評があるが、プレミアムクラスでもあるThinkPad Wシリーズはその中でも最高クラスの耐久性を備えている。落下や強い圧迫があった際でも内部のデータを守り、仕事を中断しない性能を持っている。

このThinkPadの耐久性に加え、安全に持ち運ぶ環境を提供するアイテムが純正のキャリングケース。グラフィソフトでは営業スタッフが持ち運び用に実際に活用している。

ThinkPad デラックス・エクスパンダー・ケースは通常のビジネスバックに見えるが、高い機能性と収納力が特徴。肩掛けベルトも付属しパッドはジェルタイプを装備する
ThinkPad デラックス・エクスパンダー・ケースは通常の
ビジネスバックに見えるが、高い機能性と収納力が特徴。
肩掛けベルトも付属しパッドはジェルタイプを装備する
さまざまなタイプを用意しており、ThinkPad本体とACアダプターなどのアクセサリーを安全かつ便利に持ち運ぶ機能を基本として、同時に書類や資料といった荷物も軽快に持ち運ぶことを可能にしている。

その中でも特におすすめしたいのはバックパックタイプの「ThinkPad ビジネス・バックパック」と、ThinkPad以外にも収納力の高い「ThinkPad デラックス・エクスパンダー・ケース」だ。ThinkPad ビジネス・バックパックは両手が使えるため、持ち運び時間が長いスタッフや、自転車での移動にも最適。ThinkPad デラックス・エクスパンダー・ケースは名前のとおり、ファスナーの操作で厚さ方向を拡張し収納容量を増やすことが可能なため、同時に持ち運ぶ書類や出張のための身の回りの物を収めることも可能。どちらも十分な耐久性を持っているため、持ち運びの安心感を高めてくれる。ぜひ、ThinkPad W540と一緒に使っていただきたいケースだ。

ThinkPad W540を囲みながら取り出しやすいクッションを内部に配置する。中に見えるインナーケースは付属のACアダプター用
ThinkPad W540を囲みながら取り出しやすいクッションを内部に配置する。
中に見えるインナーケースは付属のACアダプター用
ACアダプターは別途インナーケースが付属し、取り出しやすくするとともに、ケーブルのプラグの突起による干渉を防ぐ
ACアダプターは別途インナーケースが付属し、取り出しやすくするとともに、
ケーブルのプラグの突起による干渉を防ぐ

※ThinkPadキャリングケースは新製品を準備中です。記事掲載の商品は販売終了となっている場合があります。
レノボ・ショッピングでの販売状況に関しては周辺機器ページをご参照ください。

ThinkPad W540

ThinkPad W540

第4世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載。プロの求める最高の性能と信頼性を、モバイル環境で自在に活用するモバイル・ワークステーション。

ハードなクリエイティブ作業をモバイル環境で行う最先端テクノロジーを余す事なく搭載

ワークステーションの名に恥じない圧倒的な処理能力を、ノートブックの筐体に搭載したThinkPad W540。NVIDIA Quadroによる高度グラフィック処理や複雑な数値計算、金融シミュレーションなどきわめて高負荷のかかるニーズにも余裕で対応します。 高度な耐久性とセキュリティー機能を持ち、万全のサポート体制をハードワークに応える最大限の生産性とグラフィックス性能を発揮最先端のモバイル・ワークステーションです。

グラフィソフトジャパン株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂3-2-12 赤坂ノアビル4階

建築家のための業界初となるBIMソフトウェアArchiCADを提供するGRAPHISOFT SEの日本法人。過去3年間、グラフィソフトジャパンは急激な成長を遂げ、顧客には大手ゼネコン、設計事務所等を持ち、日本でも有数のBIMソリューションプロバイダと認められています。

URL: http://www.graphisoft.co.jp/

協力:グラフィソフトジャパン

ThinkStation完全検証シリーズ ThinkPad W540特集 3K液晶パネル対応、スリムになったThinkPad W540 ThinkStation完全検証 ~酷使に耐えるWとEシリーズ、CATIAスペシャリストに聞く ThinkStation完全検証 ~W540に込めたエンジニア魂、大和研究所開発チームに聞く モバイルBIMマシン、ThinkPad W540をアクセサリで強化する