ThinkStation完全検証 ~64ビット化でパワーアップしたVectorwork 2015、P300とP500どちらを選ぶ?

最新3D CADソフトでは次々と64ビットOSへの対応化が進んでいる。
その中でも店舗設計をはじめとするインテリアデザインや舞台設計の分野に人気の一方、3D CADを初めて習う教育現場でも多くの支持を得ているVectorworksが最新版でWindows 64ビットOSへの対応を果たし、よりパフォーマンスをアップさせた。今回は最新版となるVectorworks2015の能力を十分に引き出すことのできるThinkStationのスペックについて、日本国内の販売元、エーアンドエー(A&A)株式会社 マーケティング本部 ソリューション商品販促部 次長の福原弘之氏にお話を伺った。

Vectorworks 2015の製品群
Vectorworks 2015の製品群

Vectorworksとは?

まず、最初にVectorworksについて説明しておくと登場は28年前のアメリカで、日本にはその数年後、1989年から導入されているソフトウェアだ。当時はMiniCADという名前だったが、のちにVectorworksと名前が変わり、現在まで続いている。
現在は、意匠、店舗、インテリア、舞台デザイン、プロダクトデザインなどの幅広い設計分野に多く使われ、舞台デザインの分野では、照明計画や、舞台の装飾デザインなどにも利用されている。また、昨今では、Vectorworksが得意とする3Dモデリングの機能を活かし、3Dプリンタなどとの連携によるものづくりにも注目されている。
一方で大学や専門学校の授業で使われることも多く、ある調査ではCADの講義を本格的に行っている学校で最も多く使われているソフトとしている。CADの入門者が触れることの多いソフトということでもあり、Vectorworksの潜在的利用者はかなり多い。

Vectorworks 2015と今回製品を解説していただいたA&Aの福原氏
Vectorworks 2015と今回製品を解説していただいたA&Aの福原氏

Vectorworksは海外でつくられ日本でローカライズを行い販売されているソフトウェアではあるが、日本の建築市場向けには、利便性に優れた専用プラグインソフトをエーアンドエー社が開発している。その代表的なものには、産学共同の研究開発による熱環境や、群衆の行動などをシミュレーションできるものや、日本の建築設計支援を目的とした日影計算が行えるプラグインがある。
こういった機能を持っているVectorworksだが、2014年のバージョンから大きく変わったことがある。これまではプロセッサー内蔵グラフィックチップなどでも動作していたが、2014年版からはQuadro等のグラフィックボードが必須となったこと。現在はグラフィックボードなしでの動作は推奨していないという。そして、いよいよVectorworks2015では、64ビット化を完成させている。

Vectorworks2015では64ビット化、大きなデータを円滑に展開

Vectorwarks 2015の特徴について説明するA&Aの福原氏
Vectorwarks 2015の特徴について説明するA&Aの福原氏

新バージョンが出るたびに進化を進めていったVectorworksだが、今回登場した“2015”ではいよいよ64ビット化を実現した。A&Aの福原氏はこれまで32ビットOSで制約を受けていたメモリーの使用環境について向上されたことが特徴と指摘しており、「日々、設計分野でのデザインは進化しており、より独創性豊かなデザインが求められています。そのデザイナーのみなさんにとって、作業性の向上や、効率化につながる機能拡張については大変喜ばれるものと思います。」と話された。
全体の安定性や、作業性の向上なども上げられるが、64ビット化の恩恵を最も受けたのは3Dレンダリングで、ソフトウェアが利用できるメモリー(RAM)が大きくなったことで、大きく複雑なデータを安定してレンダリングできるようになったという。
代表的なものとしては、複雑な建物内部を歩き回るような視点で展開する「ウォークスルー」という機能があるが、これまではメモリーオーバーフローを起こして止まってしまうような複雑なデータも取り扱いができるようになった。

ウォークスルーで再現可能な建物内部。
タスクマネージャーで使用しているメモリー量を参考までに表示しているが、ウォークスルーを開始すると使用率が増えている。4GBを超えて利用できるのも64ビット版ならでは。

また設計対象の内部を輪切りにして、建物なら配管の位置関係まで理解しやすくなる「クリップキューブ」という機能も従来からあったものだが、複雑に作り込みすぎると表示が追いつかなくなる問題が、グラフィックボードの処理能力アップと64ビット化でメモリーに展開できる領域が広がったことで解消された。

カットした断面を表示するクリップキューブ機能がスムースに利用できるのも、グラフィックボードと大容量メモリーを扱える64ビット版の恩恵だ

そればかりではない。メモリーに展開できるデータが多くなり処理に余裕ができたためブラッシュアップされた機能も多い。たとえばアングル切り替え時にアニメーション表示が可能になった。アングルが切り替わる瞬間、従来はパっと一瞬で切り替わるため、どのアングルからどのアングルへ変化したのかがわかりにくく、その際に視点を失うこともあった。ところが新バージョンではアングルの切り替えの途中経過がアニメーションでわかるようになり、切り替えた場合にどのアングルなのか直感的にわかりやすくなった。
このほか全体的なことだが、大容量メモリーを駆使できるようになったため、全体的なパフォーマンスに余裕が生まれている。グラフィックボードに処理を任せない演算処理についても高速化が図られている。

最適スペック選びは、やはり利用形態を整理してから

では、最新のVectorworks2015に最適なThinkStationはどのモデルで、どのようなスペックが好ましいのだろうか。動作環境に入っているグラフィックボードやマルチコアCPU、大きめのメモリー容量などなどハイスペックであればそれで良いかというと必ずしもそうではない。
最近のソフトウェアの利用と共通するところであるが、パソコンのスペック選びは使うソフトウェアの特性や利用形態をまず整理した上で、利用形態に合わせたスペック強化が必要だ。利用形態に合わせて変化するところはまず、CPUの最大動作周波数を重視するか、コア数を重要視するかを決め、あとは動作に見合ったメモリー容量、必要なだけのストレージ容量、そしてグラフィックボードとなる。

Vectorworks 2015とThinkStation P300/P500
Vectorworks 2015とThinkStation P300/P500

ThinkStation P300とThinkStation P500とでは搭載できるCPUが異なり、上位となるThinkStation P500のほうがより高性能なCPUを搭載できる。ただし、今は高性能だからと言って必ずしも動作周波数が上なわけではなく、コア数が多くなるマルチコアに向いたソフトウェアと、動作周波数がパフォーマンスを稼いでいるソフトウェアでその傾向が異なってくる。次に今回の64ビット化でさらに重要度を増すメモリー容量だが、扱う容量が大きくなることにより、データが必要とするメモリー容量が実装メモリーを追い越してしまい、実装メモリーで不足する分は仮想メモリーに頼ることになってしまう。仮想メモリーはHDDなどストレージとメモリーの間で頻繁なデータの移動が発生するため、パフォーマンスを十分に発揮できなく恐れがある。
そのため、64ビット化の恩恵を受けるためには、特にメモリーを多めにするなどスペックを高くすることが快適な作業環境を整えることが重要。スペックは高めに構成することが望ましい。
一方でグラフィックボードの選択も重要だが、処理によってRenderworksレンダリングのようにCPUへ依存度が高い処理と、OpenGLレンダリングのようにグラフィックボードへ依存度が高い処理がある。
OpenGLレンダリングは3Dオブジェクトの回転や、建物の中を歩き回るような動きを伴うレンダリングを得意とするため高速なグラフィックボードを使用することで、レンダリングの応答性が向上し、滑らかな画面表示が出来る。また、1GB以上のV-RAM、影などの拡張機能を使用するためにOpenGL 2.1に対応したボードを選択してほしい。

メモリーやCPUの動作周波数を重視したい

具体的には、A&Aの福原氏のよる測定結果の表を見てほしいが、例えばCPU依存度の高い「仕上レンダリング」の速度はCPU、メモリー、の順に速度が変化していることがわかる。

テストマシン構成 Low1 Low2 Low3
ThinkStation P300 P300 P500
CPU 型番 インテル Xeon® プロッサー E3-1241 v3 インテル Xeon® プロッサー E3-1241 v3 インテル Xeon® プロッサー E5-1650 v3
動作クロック 3.50GHz 3.50GHz 3.50GHz
ブースト時の最大クロック 3.90GHz 3.90GHz 3.80GHz
コア数 4 4 6
キャッシュ 8MB 8MB 15MB
メモリー 16GB 8GB 8GB
グラフィックボード NVIDIA® Quadro® K620 NVIDIA® Quadro® K620 NVIDIA® Quadro® K620
Renderworks編(メモリー/CPU依存) 仕上レンダリング 14:15:00 16:35:02 12:05:12
アートレンダリング(筆/水彩) 6:15:00 6:24:23 6:04:17
陰線消去レンダリング(3Dハッチングモデル) 0:00:38 0:00:42 0:00:52

著作表示:Courtesy of Stephan Mönninghoff, extragroup GmbH
テストデータの概要
データ容量:129MB
光源点数:8個
画面表示倍率:240%

CPUをインテル Xeon プロッサー E5-1650 v3とすることで最大のパフォーマンスを得ているが、それよりも8GB→16GBの増量による速度変化に注目してほしい。CPUや本体のクラスを上げることよりも低コストで良好な結果を得ることになっている。
「アートレンダリング(筆/水彩)」や「陰線消去レンダリング(3Dハッチングモデル)」についても同様で、メモリー増量の効果が良くでている。面白い傾向が出ており、メモリー量やCPUの動作クロックへの依存度が高いせいか、メモリーが多ければインテル Xeon プロッサー E3-1241 v3でも高速という結果が出ている。

テストマシン構成 Low2 High2
ThinkStation P300 P300
CPU 型番 インテル Xeon® プロッサー E3-1241 v3 インテル Xeon® プロッサー E3-1241 v3
動作クロック 3.50GHz 3.50GHz
ブースト時の最大クロック 3.90GHz 3.90GHz
コア数 4 4
キャッシュ 8MB 8MB
メモリー 8GB 8GB
グラフィックボード NVIDIA® Quadro® K620 NVIDIA® Quadro® K2200
Vectorworks編(グラフィックボード依存) スケッチレンダリング(試案) 0:03:47 0:03:43

著作表示:© 2014 Nemetschek Vectorworks, Inc.
テストデータの概要
データ容量:181MB
光源点数:31個

ThinkStation P300/P500の最適構成は?

以上のことから、Vectorworks2015では、まずはメモリー容量を上げることが良好なパフォーマンスを得る近道といえるだろう。CPUや本体のランクを上げるよりもThinkStation P300でメモリー容量を多めに構成し、グラフィックボードは処理に合わせて最適なものを搭載することが基本的なスペックの選び方となる。

ThinkStation P300(左)とP500(右)
ThinkStation P300(左)とP500(右)

その上でベース構成としては、ThinkStation P300にグラフィックボードを搭載、4コアCPU、8GBメモリー。次にワンランクアップの構成としてThinkStation P300に16GBメモリー、グラフィックはNVIDIA Quadro K2200程度がおすすめとなる。
さらにレンダリング重視のハイスペック構成には、6コア以上のCPUがあるインテルXeonプロセッサー E5-1600v3を搭載するThinkStation P500も検討したい。32GB以上のメモリー、グラフィックボードもNVIDIA Quadro K4200以上も搭載可能となり、選択できるスペックの幅が広がる。複数のマシンがある環境では、すべてをハイスペックにする必要もないのでレンダリングを重視したワークステーションを1台設定し、あとはベーシックなスペックで揃えるという構成もできるだろう。
なお、ThinkStation P300はVectorworksの開発元であるNemetschek Vectorworks, Inc.の認証を取得している。快適に動作するスペックの選択はもちろんのこと、その上で動作が確認された機種を選ぶという安心感も選定ポイントとして検討していただければと思う。

Quality-Tested Hardware(Vectorworks品質評価済みハードウェアサイト)

エーアンドエー株式会社
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-15

エーアンドエー株式会社は1984年設立以来、「よいものは使おう!無いものは創ろう!」をモットーに、主に建築デザイナー向けのソフトウエア開発をてがけ、その中でも2D/3D-CAD Vectorworksは、デザイナーのためのCADとして業界標準の地歩を固めている。

URL: http://www.aanda.co.jp/