ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

ソリューション

クラウド向けソリューション

Microsoft Cloud

Microsoft Hyper-V on Flex System

中小企業向けMicrosoft® Hyper-V® ベース・クラウド・ソリューションを導入すれば、完全に仮想化された環境から、社内のプライベートクラウドまたはパブリッククラウドに適切に移行することができます。

このソリューションは、現在の仮想環境から、Microsoft Fast Trackプログラムで検証済みのFlex Systemプラットフォーム上のプライベートクラウドへのスムーズな移行パスとなります。

Microsoft Hyper-V on System x3850 X6

Microsoft Hyper-V on System x3850 X6は、分析ワークロードに優れたパフォーマンスを発揮し、負荷の高い処理が要求されるアプリケーションの計算能力を最大化することができます。
特に、Lenovo System x3850 X6サーバーと組み合わせることで、モジュール性とスケーラビリティーを確保することができます。

Red Hat Cloud

Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform

Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform(RHEL-OSP)は、ITインフラストラクチャのデプロイと拡張を可能にする業界標準であるOpenStackと、ホストOSとなるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)を最適な形で統合しています。 特に、レノボのサーバー・ストレージ製品群と組み合わせることで、本番稼働環境のニーズの対応力を向上させる共に、パフォーマンス、拡張性、安全性向上を実現します。

  • OpenStack環境で新サービスをより迅速に導入

  • 迅速な価値実現

  • 事前テスト済みのコンポーネントによるリスクの低減

  • 設計および導入アーキテクチャーにおける推奨される手法の採用

  • すべてを備えたリファレンスアーキテクチャーが設計上の要件を満たすことを保証

Red Hat CloudForms

Red Hat CloudFormsは、VMware vSphereやRed Hat Enterprise Virtualizationなどに加えて、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformの管理に対応して、包括的なクラウド管理を可能にします。

CloudFormsを利用すれば、既存の仮想化への投資を無駄にすることなく、プライベート/ハイブリッドクラウドを一元的に統合管理できます。これにより、ユーザーリソースに対する可視化の向上、キャパシティー計画の精度向上、コンプライアンスの遵守と強力なガバナンスを実現します。一方で、セルフサービスポータルや自動化により、サービス提供までの時間短縮とユーザー満足度の向上を実現します。

SUSE Cloud

Lenovo Reference Architecture for SUSE OpenStack Cloud

Lenovo Reference Architecture for SUSE OpenStack Cloudは、独自のInfrastructure as a Service (IaaS)クラウド環境を導入したいと考えているお客様に最適な、低コストの使いやすい製品です。System xと ThinkServer の可用性を高める構成により、仮想化の能力に応じて低密度から高密度の構成へとノードを拡張することが可能です。このリファレンスアーキテクチャーは、以下の機能を備えています。

  • テストを通じてOpenStackコア・サービスについてAPI互換性が検証されている、OpenStackを利用した認定済みのプラットフォームを提供。

  • 異機種混在環境やライセンス管理の最適化に対応する、複数のハイパーバイザーのサポート。

  • 自動サービス展開を最適化するためにクラウド・インフラストラクチャーの動作や能力を把握できる、一元化されたリソース追跡機能。

  • 既定のスクリプトを使用して管理ノード、コンピュート・ノード、ストレージ・ノードを構成および展開する、CrowbarおよびChefによる自動インストールプロセス。

  • SUSE Enterprise Storageによる、基盤となるストレージ・インフラストラクチャー。これは分散型のSoftware Defined Storageソリューションであり、オープンソースのCephプロジェクトに基づくブロック/イメージ/オブジェクト・ストレージを実現します。

VMware Cloud

Lenovo Cloud Reference Architecture for VMware SDDC

Lenovo Cloud Reference Architecture for VMware Software Defined Data Centerは、小規模、中規模、エンタープライズクラスのデータ・センターで最新のプライベート・クラウド機能を実現します。VMwareクラウド環境 でこのアーキテクチャーを採用する主なメリットは、新サービスをより短期間に、より手軽に投入できることです。
このアーキテクチャーでは、サーバー、ストレージ、ネットワーキングの各要素をすべて仮想化します。これにより、VMware vCloud Suiteを実行する企業は、顧客のニーズに迅速に応え、次世代アプリケーションに向けたイノベーションにかける時間を増やすことができます。 Lenovo x3650 M5サーバーが組み込まれたこのアーキテクチャーは、以下の特長を備えています。

  • 仮想化されたすべてのワークロードを管理するための、手頃で相互運用可能なクラウド・アーキテクチャーを実現します。

  • サーバー、ストレージ、ネットワーキングからなるLenovoシステム・ポートフォリオの最新の製品をベースとしています。

  • VMwareソフトウェアと導入のベスト・プラクティスを組み合わせ、ダウンタイムを低減します。

関連ソリューション