ThinkStation完全検証 ~達人が選ぶ、AutoCADに最適なマシンはコレだ!

Autodeskの汎用CADソフト「AutoCAD」は、世界中で広く使われている、CADソフトのデファクトスタンダードともいえる存在だ。AutoCADなどのCADソフトは、一般のPCでも動作はするが、複雑な製品の設計を快適に行うには、PCよりも高性能かつ信頼性の高いワークステーションでの利用が望ましい。そして、各社から発売されているワークステーションの中でも、信頼性の高さと使い勝手のよさで、ユーザーから高い支持を得ているのが、レノボの「ThinkStation」シリーズだ。しかし、一口にThinkStationといっても、数多くの製品があるので、AutoCADを快適に動かすには、どのモデルのどんな構成が最適なのか迷う人もいることだろう。そこでここでは、AutoCADの達人中の達人である、AUGI Japan代表理事の玉田謙二氏に、AutoCADに最適なThinkStationの構成を訊いてみることにした。

日本最大のAutodeskユーザーコミュニティ「AUGIjp」

AUGIjp代表理事の玉田謙二氏。AutoCADの達人中の達人でもある
AUGIjp代表理事の玉田謙二氏。
AutoCADの達人中の達人でもある

まず最初に、AUGI Japan(AUGIjp)について紹介しよう。AUGIとは、Autodesk User Group Internationalの略称で、その名の通り、国際的なAutodeskのユーザーコミュニティ。ユーザー同士の助け合いの環境を提供する、Autodesk公認のコミュニティである。現在、日本を含めて世界11カ国に組織を持ち、総会員数は約23万人、日本での会員数も1万5000人を超える、大きなコミュニティだ。

そのAUGIの日本での運用組織がAUGIjpで、前身であるADESKJP(NIFTY-Serveプライベートフォーラム内のコミュニティ)ができたのが1990年頃、日本にAutodeskが進出した直後のことだという。「当時は、CADというアプリケーション自体が草創期で、AutoCADに関する解説も英語のものしかありませんでした。そこで、AutoCADのユーザー同士で情報交換をする場所が必要だということで、ユーザーグループを立ち上げました。日本のAutodesk関連のユーザーグループでは、我々が一番古いはずです。アメリカのAUGIよりも、我々のほうがたぶん古いですね。そして3年ほど前に法人格をとりました。日本で法人格を持っているユーザー会も、おそらくうちだけですね」(玉田氏)。

専用SNSやワークショップを運営

AUGIjp代表理事の玉田謙二氏。AutoCADの達人中の達人でもある

AUGIjpの公式サイト。AUGIjpの
さまざまな活動の情報が集約されている

現在のAUGIjpのメンバー構成を訊いたところ、「入会資格に、その製品ユーザーであることなどは含まれていませんので、幅広いですね。学生さんから、もう隠居された方まで、極端な話すべていらっしゃいます。ただ、やはり現役のCADオペレーターさんが比率的には一番多いですね。

現時点で、日本にはAutodesk製品のユーザー会が4つあります。我々とInventorとRevitとCivil。以前は我々しかなかったので、いろいろなアプリケーションのユーザーさんが入ってきていましたが、今はそれぞれのユーザー会がありますので、現在はメンバーの95%くらいがAutoCADユーザーですね」(玉田氏)

AUGIjpは現在、公式サイト公式ブログ専用SNS、年数回のワークショップを運営しているほか、各ハードウェアメーカーとのコラボレーションによるハードウェアプロジェクトも推進している。さらに、各地域の有志によるローカルの勉強会の支援も行っているという。