ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

JapanTaxi株式会社

レノボのタブレットで4,000台強のタクシーをデジタル広告メディアに変える

概要

日本屈指のタクシー・ハイヤー会社、日本交通はスマートフォン向けのタクシー配車アプリ「全国タクシー」を先駆的に開発・普及させるなど、デジタルテクノロジーの先進活用で常に周囲を驚かせてきました。そのデジタル戦略を支えているのが、日本交通のIT関連子会社JapanTaxiです。同社は現在、タクシーをメディア化し、広告媒体として機能させる取り組みを推進しており、その事業の中核を成すデジタルサイネージシステムの端末としてレノボのタブレット「Lenovo TAB3 10 Business」を採用しました。すでに日本交通グループの全タクシー車両・約4,100台への同タブレットの配備が進められ、タクシーの位置や乗客の性別・年齢に応じて広告を出し分け、訴求効果を高めていくというターゲットマーケティングの土台として機能し始めています。

課題

タクシーを利用したメディア事業の一環として、乗客の性別・年齢・位置情報に基づくターゲティング広告の機能を持ったデジタルサイネージシステム「Tokyo Prime」を広告媒体として商品化。車載用のデジタルサイネージ端末として、画面表示が美しく、かつ、頑丈で耐久性に優れたタブレットの大量導入が急務となった。

ソリューション

レノボのタブレット「Lenovo TAB3 10 Business」をTokyo Prime端末として採用、日本交通グループの全タクシー車両・4,100台への配備を進めた。

導入効果

衝撃に強く、高温・低温でも安定して稼働する Lenovo TAB3 10 Business をデジタルサイネージ端末として採用したことで、Tokyo Primeのシステムとしての信頼性が高まり、その有効性を実証していくことが可能になった。また、ユーザーの要望・問い合わせに迅速・的確に対応するレノボのサポートにより、Tokyo Primeのシステム開発とタクシーへのタブレットの配備をスケジュールどおりに完了させることができた。

この課題を解決した製品・ソリューション

  • Lenovo TAB3 10 Business

    ビジネス向けソリューションに対応し、卓越した管理性を実現。さらに耐久性、モビリティ、セキュリティ機能を備え、ビジネスでの使いやすさを追求した10.1型タブレット。

    お見積・ご購入相談窓口

お客様プロフィール

お客様

JapanTaxi株式会社(旧・株式会社日交データサービス)

所在地

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル

設立

1977年8月

事業内容

日本交通グループに属する情報処理サービス事業者として、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を中心にしたソフトウェア事業、タクシー向けドライブレコーダーなどのハードウェア事業、タクシーを用いたメディア事業などを手掛ける。

URL

https://japantaxi.co.jp/

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです