ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

株式会社マイクロアド

4億ユニークブラウザの行動データを分析する「次世代マーケティング基盤」を安定稼働させるには

概要

アドプラットフォーム事業とアドネットワーク事業を中心にビジネスを展開する大手インターネット広告会社マイクロアドは、新サービスとしてマーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE(ユニバース)」の立ち上げを計画していました。企業向けの膨大なデータを扱うため、これまで以上に高い性能と可用性を担保する必要があり、運用管理の問題も浮上していたことから、同社はシステム基盤の刷新を決意。インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v4 製品ファミリーを搭載した「Lenovo System x 3650 M5」を採用しました。

課題

収集したデータの利用目的に応じて10クラスタのさまざまなHadoopシステムを運用しており、UNIVERSEのシステム基盤も、当初は既存のHadoopを利用してノードを増強することで対応する計画だった。しかしUNIVERSEでは、企業が持つさまざまな情報にマイクロアドが持つ4億ユニークブラウザ分の行動データを統合的に結び付け、多面的な分析を行えるようにするなど膨大なデータを扱うことになり、これまで以上に高い性能と可用性が求められた。また、複雑化したHadoopシステムのクラスタの集約や統合に取り組む必要があった。

ソリューション

拡張性や可用性に優れ、性能や信頼性が求められる業務で実績がある「Lenovo System x 3650 M5」を採用。同社が採用したMapRとLenovo x86 サーバによるPoCでは想定通りのパフォーマンスが得られ、使い勝手も良かったこと、コストパフォーマンスのよさ、小容量のフラッシュストレージ(Fusion-io)が利用できることなどから採用を決めた。また、PoCの際にレノボがマイクロアドとMapRの間に立って支援してくれたことも決め手となった。

導入効果

膨大なデータを扱う新サービス「UNIVERSE」を、より高い性能と可用性、拡張性を備えたシステム基盤上でローンチできた。複雑化したHadoopシステムのクラスタ集約や統合も実現し、運用管理の負荷軽減につながった。また、故障時にも迅速な対応をしてくれることから、安心して運用することができている。

お客様プロフィール

お客様

株式会社マイクロアド

所在地

東京本社:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス4、5F

設立

2007年7月2日

URL

https://www.microad.co.jp/

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです