ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院がレノボのハイパーコンバージドを選んだ理由とは?
ハードウェアの信頼性とスモールスタートでの運用が成功の鍵

概要


2020年に開院100年を迎える慶應義塾大学病院は、31の診療科を擁し、一日平均の外来患者数は3,000人を超え、病床数も1,044床(2015年度実績)に及びます。そんな慶應義塾大学病院では、部門システムサーバーの仮想化を推進する中で、インテル® Xeon® プロセッサーを採用したレノボのハイパーコンバージドインフラストラクチャ「Lenovo Converged HX3310」を選択、運用を始動させました。すでに、ハードウェア設置スペースの大幅な圧縮と、性能向上というメリットを手にしています。

課題

病院業務で利用している部門システムサーバーの仮想化を推進する中で、現行の仮想化基盤の老朽化やリソース不足が顕在化し、新たな基盤の導入が必要とされた。

ソリューション

Nutanixの管理ソフトウェアと、レノボのサーバーを一体化させたハイパーコンバージドインフラストラクチャ「Lenovo Converged HX3310」を導入。

導入効果

ハードウェアの設置スペースを既存仮想化基盤のおよそ2分の1に圧縮しつつ、リソースの大幅な増強を実現。スモールスタートでの利用が行えるHX3310の採用により、初期導入コストの適正化も図ることができた。

この課題を解決した製品・ソリューション

お客様プロフィール

お客様

慶應義塾大学病院

所在地

東京都新宿区信濃町35

設立

1920年

病床数

1,044床

外来患者数

平均3,057人/日

診療科数

31

URL

http://www.hosp.keio.ac.jp/

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです