ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

ソリューション

ホワイトペーパー

Windows

CAD on VDI

ビッグデータ

  • SQL Server2005移行時のハードウェア選定のポイント(0.2MB)

    System x3550 M3 とx3550 M5 でSQL Serverのベンチマーク比較を行い、データベース・サーバー移行時における最適な構成を作るためのCPU、メモリ、ストレージについて選定のポイントを解説します。

    10P構成

  • ビッグデータ時代を生き抜く切り札「System x SQL Server SSD Appliance」という選択肢(2.93MB)

    ビッグデータ活用の鍵を握るデータベースサーバの重要性を解説。また、高性能で高可用な基盤として、System xにストレージとしてフラッシュメモリを搭載したアプライアンス製品を紹介します。

    8P構成

  • SAP HANA Vora™とMapR連携のLenovoレファレンス・アーキテクチャ(5.6MB)

    様々なテクノロジートレンドが変化し、デジタル変革に取り組む企業にとっては、ビッグデータの活用が急務となっています。これまで企業が投資してきた、ビジネスに欠かせない「守りのシステム」である基幹系データのデータを活用しつつも、来たるビッグデータやIoT時代に備えて「攻めのシステム」をビジネススピードに沿うように構築するには、どのようなシステムアーキテクチャで設計すべきかベストプラクティスが求められています。
    こういった課題意識を持ったお客様のため、インメモリ・プラットフォームを提供するSAP、ビッグデータのコンバージドプラットフォームを提供するMapR、ハードウェアに強みをもつLenovo、これらを統合してシステム構築をがける伊藤忠テクノソリューションズの4社が共同で検証を行い、レファレンス・アーキテクチャを作成しました。

    34P構成

サーバー選定のポイント

  • SAP、次世代のクラウドアプリケーションを稼働する基盤としてLenovoを選択(688KB)

    SAPの新しいクラウドベースのソフトウェアは、膨大な数の企業に恩恵をもたらしている一方、SAPは、ハイパフォーマンスなアプリケーションを常時稼働で確実にお客様に提供することが求められるようになっています。SAPは、Lenovoシステムを導入することで、社員の生産性を維持し、世界中の顧客企業に次世代のクラウドアプリケーションを提供しています。

    3P構成

  • VDI環境のTCOと運用負荷を軽減するVDI2.0とは?(41.8MB)

    セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上をかなえる一方で、コストや管理性が課題といわれるVDI(仮想デスクトップインフラ)。クラウドとオンプレミスのハイブリッド型でこれらの問題を解決するVDI2.0について、その特長と、検証結果をまとめました。

    12P構成

  • レノボ System x3650 M5サーバーにおける2.5インチNVMe SSD評価レポート(2.8MB)

    サーバのパフォーマンスを大幅に向上させるといわれるNVMe対応SSD。導入することで、実質的にどこまでのパフォーマンスが見込めるのだろうか。高機能x86サーバ環境でシステムやアプリケーションが得られる効果を徹底的に検証した。

    20P構成

  • サーバー導入に関する意識調査白書(1.8MB)

    Windows Server 2003サポート終了、マイナンバー制度、SQL Server 2005延長サポート終了、仮想化導入企業の増加、ハイパーコンバージドの台頭、クラウド(ハイブリッド含む)活用との差別化。企業は何を指針としてサーバーのリプレースを決断するのか。本レポートでは、同じような環境、悩みを抱える企業がITの活用においてどのような考え、意識を持っているのかを明らかにするとともに、新たなサーバーの導入やリプレースに際して、どのような指針、方向性をもって取り組もうとしているのかについても考察した。IT環境を強化していくためのヒントがここに。

    16P構成

  • ファイルサーバー移行時のハードウェア選定のポイント(0.22MB)

    System xサーバーにWindows Server 2003 R2/2012 R2でのファイルサーバー性能を測るためのファイル転送速度をベンチマーク比較。最適な構成を得るためのCPU、メモリ、ストレージについて選定のポイントを解説します。

    12P構成

  • SQL Server2005移行時のハードウェア選定のポイント(0.2MB)

    System x3550 M3 とx3550 M5 でSQL Serverのベンチマーク比較を行い、データベース・サーバー移行時における最適な構成を作るためのCPU、メモリ、ストレージについて選定のポイントを解説します。

    10P構成

  • スモールビジネスやブランチオフィスに 最適なタワー型サーバー「ThinkServer TS140」(4.5MB)

    「ThinkServer TS140」は、省スペース、静音設計でありながら、エンタープライズクラスの性能と信頼性、管理性を併せ持つタワー型サーバーです。その実力を@IT編集部が独自に検証しました。

    4P構成

  • 「デスクトップ仮想化」に関する意識調査白書(1.7MB)

    近年、多くの企業から注目を集めている「デスクトップ仮想化」(VDI)。「デスクトップ仮想化」についてどのような期待と不安を抱えているのか、経営層から情報システム部担当者、実際に現場で業務を遂行するエンドユーザー、さらにはシステム提案側のスタッフなど、さまざまな立場の方々に調査を実施。本稿は、その結果と、昨今のITインフラにまつわる市場動向を交えながら、現在の企業のデスクトップ仮想化に対する意識と方向性をレポートとしてまとめたものである。

    13P構成

ソフトウェア定義ストレージ

  • Lenovo System x サーバー上でのHyperStore 動作検証レポート(1.79MB)

    クラウディアン(株)様と共同実施したLenovo System x上でのCLOUDIAN HyperStore®動作検証レポートです。SSD含む高速アクセス仕様の検証構成は、オブジェクトストレージ導入をご検討のお客様にとって価値ある結果が得られています。

    12P構成

OpenStack

ハイパーコンバージド

ワークステーション

  • 快適なレスポンスの3DCG制作を約束するThinkPad P50(888KB)

    Intel® Xeon® E3-1505M v5に加え、4K解像度への変更も可能な15.6型ワイド液晶モニタ搭載のThinkPad P50。高負荷の3DCG制作にも耐えうるモバイルワークステーションだとレノボ・ジャパンが太鼓判を押す本マシンを、画龍 代表取締役の早野海兵氏に検証していただいた。

    4P構成

SAP HANA

  • レノボ、SAP HANAを基盤としてサプライチェーン・システムを刷新(728KB)

    レノボは、SAP HANA/SAP HANA XSをネイティブで利用するアプリケーションを開発し、新しいサプライチェーンシステムとして稼働させました。これにより従来のシステムに比べ、圧倒的なパフォーマンスの改善とそれによる年間5,000万ドルのコストの削減を実現しました。本システムはSAP社の強力な支援のもと、SAP HANA/SAP HANA XSのメリットを最大限に引き出した革新的なサプライチェーンシステムであり、結果として2016 SAP SAPPHIRE NOW、Orlandoにおいて、SAP HANA Innovation Award 2016を受賞するに至りました。

    4P構成