ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

株式会社日本香堂

創業440年の老舗がカーボンボディの「ThinkPad X1 Carbon」に全社PCを一本化。社員の多様なニーズを一機種で満たす

概要

株式会社日本香堂は、お線香「青雲」「毎日香」のメーカーとして広く知られる企業です。天正年間の創業から4世紀以上の永きにわたり、伝統の薫香技術を受け継ぎながら、革新技術も積極的に取り込み、仏事・香道などの専門分野のみならず、ヒーリングなどの「癒し」の分野や、香りの機能を応用した「健康」の分野へと商品ライン/ビジネスの裾野を広げています。そんな同社では、全国の営業・生産拠点を含む、全社PC 200台強を第7世代インテル® Core™ プロセッサーと、カーボンボディを採用したレノボの薄型・軽量PC「ThinkPad X1 Carbon」へと一挙に切り替えました。これにより、可搬性に優れたモバイルPCを求める社員のニーズと、大型ディスプレイを搭載したハイスペックなPCを求める社員のニーズを一機種で満たすことに成功しています。

課題

5年サイクルで全社PCの一斉リプレースを実施している日本香堂では、先のリプレースで全PCを可搬型へと移行、内勤の社員用として15インチのノートPCを、外勤用として13インチのモバイルPCをそれぞれ導入した。それらPCが一斉リプレースの時期を迎え、PC全体を一機種に絞り、保守・運用管理の手間を低減させる方針を打ち出した。この方針の下、処理性能、携帯性、画面サイズなど、あらゆる点で全社員のニーズに適合した製品を選り抜く必要に迫られ、国内外の主だったPCベンダーから提案を募った。

ソリューション

計9製品(9ベンダー)を比較検討のすえに、株式会社CSIソリューションズが推奨するレノボの薄型・軽量ノートPC「ThinkPad X1 Carbon」を採用。社内PC全台約200台をX1 Carbonで一本化した。

導入効果

14インチの高精細ディスプレイを採用しつつ、従来のモバイルPCより軽量・薄型のX1 Carbonの採用により、高スペック/大型画面を求める内勤の社員と、携帯性を求める営業系社員のニーズを1機種で満たすことに成功。内勤社員の機動力も大幅に向上させたほか、SSD効果で内勤用PCのシステム起動時間も劇的に短縮。生産性向上や働き方改革の基盤をより強固にした。

この課題を解決した製品・ソリューション

お客様プロフィール

お客様

株式会社日本香堂

所在地

東京都中央区銀座4-9-1

創業

天正年間

設立

1942年

事業内容

お線香・お香・香関連商品(インテリアフレグランス)を中心とした香り商品の製造・販売

URL

https://www.nipponkodo.co.jp/

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです