ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

新宿区

新宿区職員の働き方改革を支えるデバイスとは?
6年後を見据えた選択の決め手は、レノボの「プレミアサポート」と「製品の堅牢性」

概要

東京都新宿区では、2018年度に全庁で使われている2,600台のノートPCをレノボの「ThinkPad T470s」へとリプレースした。性能が高く頑丈・軽量でモバイル性も高く、サポート体制も充実しているとの判断から同区が選んだThinkPad T470s。現在、そして、今後の職員の多様な働き方を支えるツールとして役立てていくことになった。

課題

東京都新宿区では、今後の区民サービス向上や業務の合理化・高度化を支える庁内情報基盤として「新宿区システム強靭化モデル」を掲げ、庁内プライベートクラウドの整備を進めている。その取り組みの一環として、これまで6年以上に渡り全庁的に利用してきたノートPCを一新することとなった。今後の様々な変化にも柔軟に対応でき、長期的な利用にも耐える頑丈で高性能・高機能なノートPCが求められていた。

ソリューション

レノボの「ThinkPad T470s」でPC標準機を一新

導入効果

ノートPCの故障率が大幅に低下し、情報システム部門のヘルプデスク業務負担が劇的に低減。“レノボプレミアサポート”により、トラブル発生時に故障原因を切り分ける手間もほぼ“ゼロ”に。全庁で使うPCのモバイル性も飛躍的に向上し、職員の業務効率や働き方改革を支えるICT環境が整えられた。

レノボプレミアサポートについて

この課題を解決した製品・ソリューション

  • ThinkPad T470s

    先進の機能を凝縮し、ビジネスに最適。14.0型ワイド、ハイパフォーマンス・スリム・ノートブック。

お客様プロフィール

お客様

新宿区役所

所在地

〒160-8484 東京都新宿区歌舞伎町1-4-1

設立

1947年

URL

https://www.city.shinjuku.lg.jp/

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです