ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

特集

ひとり情シスはじめて物語

第12話 太郎くん、大見得を切る

突然の人事異動でひとり情シスとなり、会社全体の IT 環境改善を命じられた太郎くん。戸惑いながらも社内外の色々な人の協力を得ることで、メーカーや製品の選定から発注、導入まで、無事に成し遂げることができたようです。それから数か月後、問題がないか確認するために、改めて各部署を回る太郎くんの姿がありました。


太郎「上山さん、お疲れ様です。そろそろ皆さん、新しい PC には慣れましたか?」

上山さん「あ、大森さん。はい、もうすっごい快適ですよ!前の PC より速くなったのはもちろんですけど、この ThinkCentre M710q Tiny と ThinkCentre Tiny-in-One の組み合わせって、モニターだけ置くのと、スペースが変わらないじゃないですか。それでさらにもう一つモニター置いて、2 画面にしても、机の上が広く使えて便利です。おかげでほら、松木くんのグッズがこんなに置けます!」

太郎「あははは、ほどほどにしないと怒られますよ」

上山さん「はーい。でも、他のみんなも 2 画面になったことで、営業さんから急に仕事を振られても、効率よく作業がしやすい、って好評ですよ。下田さんが産休前の時短勤務になっちゃいましたけど、みんなの作業効率が上がった分、前と同じか、それ以上の業務量をこなせてます」

太郎「それは良かったです。下田さんには安心して産休に入ってもらいたいですもんね。もし何か問題が出たら、いつでも連絡してくださいね」


太郎「前園さん、新しい PC は営業の方たちのお役に立ってますか?」

前園さん「いやぁ、すごく助かってるよ。何と言っても荷物が少なくなったり、軽くなったりしたのが一番かな。この ThinkPad X270 っていう機種、そもそも軽いのはもちろんだけど、バッテリーで最大 11 時間くらい使えるでしょ。電源アダプターも持ち歩かなくて済んで、カバンの中もスッキリするようになったから、営業先で必要なものがすぐ取り出せるよ」

太郎「営業の方には仕事をたくさん受注してきてもらわないといけないですからね。外出しやすくなったようで何よりです」

前園さん「あと外出先でも、社内のシステムやデータにアクセスしたり、Web 会議に参加したりできるようになったのも大きいね。相談しに行っておいて何だけど、実は働き方改革ってそんなに変わるものかな?って思ってたんだよね。でも、いざやってみると、直帰したりして嫁さんや息子との時間が作れて、前よりもっと仕事を頑張ろうって思えるようになったし、実際に生産性も上がってると思うんだ」

太郎「プライベートと仕事の両方に効果が出てるんですね。息子さん、小学校 1 年生でしたっけ?お父さんが早く帰ってくるようになって喜んでるんじゃないですか。もしまた何かお力になれることがあれば、ぜひ相談してくださいね」


太郎「外川さん、お忙しいところ、すみません。新しい PC の使い勝手はどうか、お伺いしに来たのですが、今よろしいですか?」

外川さん「おぅ、大森くん。お前さんのためなら、時間はいつでも空けるぜ。この ThinkPad X1 Tablet ってやつだっけか、こいつは思っていた以上に良いねぇ。現場で立ったままタッチとかペンで作業ができるから、本社から新しい図面が送られてきても、すぐに現場の連中に指示ができるし、このプレゼンターモジュールってやつをくっつければ、その場ですぐに画面を投影して、細かい部分の相談もできちまう。こいつのおかげで、今までよりも作業工程を短くできるようになったよ」

太郎「そうですか!現場での使い方は、僕の想像が及ばないようなこともあるんじゃないかと心配していたんですけど、ちょっと安心しました」

外川さん「今のところ、申し分ないねぇ。それどころか、作業が順調にできるようになったおかげで、下請けの業者も他社の現場より作業がしやすいって言ってるし、たまに視察に来るクライアントのお偉いさんの評判も上々よ。今後もうちに頼みたいってよ」

太郎「そこまで言っていただけるんですね。僕も嬉しいです。もしまた何か現場でお困りごとがあれば、ご連絡くださいね」


太郎「お疲れ様です、内海さん。新しい PC は、いかがですか?作業に支障は出ていませんか?」

内海さん「大森くん、この ThinkPad P51s っていうモバイル ワークステーション、すっごく良いわよ~。私のやりたいことに何でも応えてくれるの。やっぱりメイン メモリ最大 32 GB に、プロフェッショナル向けの NVIDIA Quadro M520M グラフィックス搭載っていうのは伊達じゃないわね。しかも、持ち運びもできるから、いつでも一緒いてくれる、まさに相棒って感じ」

太郎「とてもお気に召していただけたようで良かったです」

内海さん「他のみんなが使ってる ThinkStation P320 Tiny っていうワークステーションも、さらにスペックが高くて、営業事務の子たちが使ってるコンパクトなデスクトップ PC と同じ大きさ、っていうので捨てがたいけど、私はお客さんのところに行く機会が多いから、やっぱりこっちの ThinkPad P51s ね。この前も打ち合わせ中に言われた要望を、こんな感じですか?って、その場でデザインに反映して見せたら、ばっちりイメージ通りだ、お宅にお願いすると話が早くて良いな、って褒められたわよ」

太郎「皆さんの仕事が快適になっただけでなく、顧客満足度の向上にも繋がったんですね。それは良かったです。また何かご要望などあれば、いつでも教えてくださいね」


どの部署の人たちも満足してくれているみたいで、本当に良かった。個人的には、こうやってみんなに感謝してもらえただけで十分だったんだけど、さらにこの前社内で表彰までされちゃったよ。

今回の会社全体の IT 環境改善が、単なる設備の整備だけじゃなくて、従業員の意識や働き方そのものにも大きな変化をもたらした、って小林課長が後藤社長へ進言してくれたみたい。

みんなの前で、後藤社長から表彰状を渡されて、「今後、我が社がさらに成長していくためには、大森くんの力が必要不可欠だ。引き続きよろしく頼むよ」って言われたのは照れくさかったけど、数か月前にいきなりひとり情シスを命じられて、右も左もわからない中、頑張ってきたことが報われた気がして、すごく嬉しかったし、今後もさらに頑張ろうって、気合も入った。

とはいえ、その直後に小林課長が「実は再来月から新しい事業を始めることになって、また色々とシステムの導入が必要になるからよろしくね。てへっ」って言い出したのには、さすがに「えぇぇぇー!?ようやく落ち着いたんだから、少しは休ませてくださいよ~」って思わず言っちゃったよ。

でも、まあそう言いつつも、今回のことで色々と僕自身の経験も積めたし、何よりレノボがひとり情シスにとって強い味方になってくれることを知ったから、「わかりました!僕とレノボに任せておいてください!」って、大見得も切っちゃったんだ。

よし、これからもみんなの期待に応えられるよう頑張るぞ!

製品情報

  • ThinkCentre M710q Tiny

    圧倒的な省スペース設計で、モニターの背面や各種機器への組み込みなど、さまざまな場所に設置可能。セキュリティー機能も充実し、快適に利用できる1LサイズのデスクトップPCです。

  • ThinkPad X1 Tablet 2017年モデル

    モジュラー構造を採用し、豊富なオプションをそろえ、これまでの常識を覆した革新的なデバイスの登場。

関連特集