ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

株式会社JVCケンウッド

ユーザー増とニーズの広がりでパフォーマンス低下していたVDI基盤を最新のLenovoサーバーでリプレース。 ユーザーニーズに応え、ユーザー拡大に寄与。

概要

ユーザー数の増加、利用範囲の拡大、OSのアップデートなどで高負荷化しつつあったVDI基盤をLenovoブレードサーバー、ラックサーバーで刷新。VDIのユーザエクスペリエンスを大幅に改善とパフォーマンス増に対応。

課題

VDIのユーザー増、3DCAD VIEWERの利用などニーズの多様化と高負荷化により、VDIパフォーマンスの低下に直面。

ソリューション

従来のVDI基盤を、Lenovoブレードサーバー Lenovo ThinkSystem SN550、ラックサーバー Lenovo ThinkSystem SR650で刷新。

導入効果

高性能CPU・大容量メモリ・高性能GPUの搭載により、増大するアプリの要求スペックへの対応、グラフィックの高速化を実現し、VDI環境の高性能化を実現。コロナ禍における稼働率増加にも安定したVDI運用を可能とした。

日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドが経営統合し、2008 年に発足したJVC ケンウッド。一般には「JVC」「KENWOOD」「Victor」のブランドで知られ、カーナビゲーションや映像・音響製品で全世界で広く知られる企業だ。 同社では2014 年に導入したVDI 基盤が、その後のユーザー数の増加、テレワークなどのニーズの拡大、OS・アプリのアップデートを背景とするシステムの高負荷化によりパフォーマンスが著しく低下したため、Lenovoブレードサーバー Lenovo ThinkSystem SN550、ラックサーバー Lenovo ThinkSystem SR650 で構成されるVDI 基盤に刷新。2020 年春のコロナ禍におけるVDI ニーズの急増にも安定して稼動するVDI 基盤構築を実現した。

この課題を解決した製品・ソリューション

お客様プロフィール

お客様

株式会社JVCケンウッド

所在地

神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地

創立

平成20年(2008年)10月1日

社員数

17,623人(2020年3月31日現在)

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです