ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

ソリューション

ハイパーコンバージドソリューション[Nutanix]

ハイパーコンバージドインフラストラクチャーの優位性

従来のアーキテクチャーでは、急激に増加する仮想マシンや、データベースが必要としている高いI/O性能に対応しきれていませんでした。さらにシステム全体の設定面積も大きく、また、サーバー管理者とストレージ管理者が必要になることから、導入、変更、運用へのハードルが高くなる傾向にありました。

ここで、登場したソリューションが、ハイパーコンバージドインフラストラクチャーです。シンプルなハードウェア構成で、低コストで容易に拡張可能なストレージ環境を構築でき、仮想化インフラの運用・コスト上の課題を解決するのがハイパーコンバージドインフラストラクチャーなのです。

新しいLenovo Converged HX シリーズは、従来の仮想化基盤が抱える課題を解決します!

  • ソフトウェア・デファンド・ストレージを利用することで、【増設も簡単】
  • ストレージ・ネットワークを利用しないためIO【ボトルネックが少ない】
  • 【設置面積の小さい】System x サーバーのみを利用することで、省スペース
  • サーバーとストレージを【単一の管理ツール】で仮想インフラをコントロール
  • ソフトウェアのアップグレートにおける【システム停止は不要】
  • システム構築は【数日で可能】

ハイパーコンバージドインフラストラクチャーについてさらに詳しく

Lenovo Converged HX シリーズの特長

Lenovo Converged HX シリーズは仮想化基盤としてもプライベートクラウド基盤としても利用できるハイパーコンバージド・プラットフォームです。
世界最高レベルのLenovo社製サーバーとNutanixが誇るウェブスケールの管理ソフトウェアの組み合わせにより、コスト削減に加え、さらなる事業価値の拡大を実現します。

  • ITインフラのシンプル化

    複雑なITシステムや仮想化環境の運用と管理を解消し、オールインワンパッケージで提供。一元管理可能なGUIでシンプルな管理を実現。
    システム追加導入は1時間以内で、電源が入れば直ぐに仮想環境を利用可能。

  • コスト削減

    NutanixユーザーはTCOを5年間で58パーセント削減することに成功(IDC調査)。

  • 高い投資効果

    Nutanixユーザーは5年の投資回収効果で510%、期間では7.5か月(IDC調査)。

  • 高い信頼性

    Lenovoサーバーは、ITIC Global Server Hardware and OS Reliability Surveyの信頼性調査において、4年連続して世界のx86サーバーのうちでNo.1の評価

  • 安心と実績のサポート

    日本IBM社の保守技術員を中心に、豊富な知識とスキルを持ったスタッフが担当することで、システム運用関連サービスにおいて2015年No.1の評価を獲得しています(日経コンピュータ調べ)。

様々なワークロード/インフラストラクチャーとして利用可能

Lenovo Converged HX シリーズ上で稼働するワークロードには制限がなく、よく利用されるビジネスアプリケーションからデータベース、ビッグデータ分析やハイパフォーマンスコンピューティングまで利用可能です。またワークスタイル変革の一環として取り上げられるデスクトップ仮想化:VDIやコラボレーションシステムの基盤としても利用可能です。

サーバー仮想化

コスト効果の高いWebスケールソリューション上で、サイロ化を避けながら優れた時間価値を享受できます。
メール、ファイルサーバー、ウェブサーバー、ミドルウェア、軽量データベース、リモートオフィス環境/支店機能など、一般的な仮想化ワークロードから、ビッグデータ、ファイルサーバー、クラスター環境のバックアップ、Splunk、リモートオフィス環境/支店機能の障害対策の一元化など、比較的大きな容量を必要とするサーバー仮想化まで、あらゆるサーバー仮想化環境にもご利用いただけます。

クライアント仮想化

仮想化デスクトップ環境 (VDI) を計画的かつ優れたコスト効果でリスクを排除しながら容易に拡張できます。
Citrix XenDesktopとVMware Horizonの認定を受けていますので、安心してご導入いただけます。

大量データを取り扱う仮想化環境

MS SQL Server、MS Exchange、SharePoint、Oracle RACなど、データベースほか大量のデータ入出力を伴うワークロードにも、問題なく利用可能です。

Lenovo Converged HX シリーズについてさらに詳しく

Nutanixについてさらに詳しく

システム全体を停止することなく、ソフトウェアアップデートが可能

Lenovo Converged HX シリーズには“ローリングアップデート機能”が備えられています。
ノード間のCVMのダイナミックな連携により、1クリックでソフトウェアのアップグレードが可能。またソフトウェアのアップグレードや障害時にもシステム全体を停止する必要はありません。

ローリングアップデート機能のメリット
  • メリット1 ダウンタイムなしでのソフトウェア更新
  • メリット2 規模によらないシンプルな操作感と管理工数の最小化
  • メリット3 サービスの継続性の維持
ローリングアップデートイメージ
AHV(ハイパーバイザー)をアップデートする場合 1台ずつノードを停止させてアップグレードノード上で動作している仮想マシンは別ノードで稼働

次世代ITインフラ Lenovo Converged HX シリーズキャンペーン【12/9まで】

キャンペーン 最先端のITインフラ導入は今がチャンス!Lenovo Converged HX 3310を特別価格でご提供【12/9まで】

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです