ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

理研計器株式会社

複雑な構成の仮想化基盤をLenovo製のHCI製品で一気にシンプルに

概要

シンプルな運用と柔軟な拡張性を兼ね備えた仮想化基盤を「ThinkAgile HX3320」で実現。

課題

サーバーとストレージ、SANスイッチ、仮想化ソフトウェアを組み合わせて構築・運用してきた仮想化基盤のメンテナンス性や運用効率、拡張性などに課題を抱えていた。

ソリューション

Lenovoが提供するHCI製品「ThinkAgileHX3320」を新たに導入し、仮想化基盤のアーキテクチャを複雑な「3層構造」からHCIをベースにしたシンプルな「1層構造」へと変更。

導入効果

メンテナンスおよび運用の作業が極めてシンプルになり、システムのキャパシティも容易に拡張できるようになったとともに、BCPの仕組みも新たに構築することができた。

産業用ガス検知・警報器の国内市場の実に7割ものシェアを占める理研計器では、「3層構造」のシステム構成とVMwareの仮想化ソフトウェアを組み合わせた仮想化基盤上で基幹システムを運用してきたが、メンテナンス性や運用効率、拡張性などの点で多くの課題を抱えていた。そこで、Lenovo製のサーバーハードウェアとNutanix社のHCIソフトウェアを組み合わせた「ThinkAgile HX3320」を導入し、システムのアーキテクチャを3層構造からHCIの「1層構造」に刷新。メンテナンス性や拡張性に極めて優れるシステム基盤を実現したとともに、BCPシステムも効率的に構築することができた。

この課題を解決した製品・ソリューション

  • Lenovo ThinkAgile HX3320

    信頼性と拡張性に優れたレノボのサーバーにNutanixのソフトウェアを搭載

お客様プロフィール

お客様

理研計器株式会社

所在地

東京都板橋区小豆沢2-7-6

創立

(昭和14年)1939年3月15日

社員数

1,196名 単体 964名(2020年3月末)

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです