ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

トヨタ自動車株式会社

GPU搭載のHCIで3D CAD利用者の働き方改革を一気に加速

概要

現在全社的に働き方改革を進めるトヨタでは、事務作業に従事する社員だけでなく、技術部門に所属する社員の在宅勤務も積極的に推進している。しかしコロナ禍以前は、3D CADを使った設計作業の環境が働き方改革推進のハードルの1つになっていた。3D CADソフトウェアを動かすには、GPU搭載の物理端末が必須だと考えられていたため、なかなか仕事を自宅に持ち帰ることができなかった。

そこで同社は、GPUを搭載したLenovoのHCI製品「Lenovo ThinkAgile HX Series」を使って、3D CADソフトウェアが利用できるVDI環境を新たに構築。製造現場医・自宅などからVDI環境に接続することで、社内の物理端末と同じように3D CADソフトウェアを利用できる環境を実現し、設計開発部門の働き方改革を加速させた。


課題

3D CADソフトウェアの利用に高性能ワークステーション端末が必要とされるため、設計開発部門の働き方改革がなかなか進まなかった。

ソリューション

GPUを搭載したLenovoのHCI製品「Lenovo ThinkAgile HX Series」を導入し、3D CADソフトウェアが利用できるVDI環境を構築。

導入効果

自宅にいながらVDIを通じて3D CADソフトウェアを使った設計作業が行えるようになり、設計エンジニアの働き方改革を促進。



この課題を解決した製品・ソリューション

  • Lenovo ThinkAgile HX3320

    信頼性と拡張性に優れたレノボのサーバーにNutanixのソフトウェアを搭載。

お客様プロフィール

お客様

トヨタ自動車株式会社

本社

愛知県豊田市トヨタ町1番地

設立

1937年(昭和12年)8月

従業員数

74,132名(2020年3月現在)

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです