ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

東筑紫学園高等学校・照曜館中学校

超小型デスクトップPCでコンピュータ教室を大きく変革。教師と生徒が快適に使用できるクライアント環境を実現。

概要

学校法人 東筑紫学園は、一貫した教育理念のもとで、幼稚園、中学校、高等学校、短期大学、四年制大学、大学院を運営している福岡県北九州市の総合学園です。同学園は、ICTに対する取り組みにも積極的で、教職員や学生が利用する端末として20年近く前から日本IBMおよびレノボの製品を採用しています。

今回は、同学園が運営する東筑紫学園高等学校・照曜館中学校において、Microsoft® Windows® XPのサポート終了期限を機会に、コンピュータ教室の端末としてレノボの超小型デスクトップPC「ThinkCentre M73 Tiny」を採用しました。同学園は、端末の更新を通じて快適さが増したコンピュータ教室を最大限に活かすことで、より先進的な学校教育へとつなげていく計画です。

課題

東筑紫学園高等学校・照曜館中学校は、20年近く前から情報教育を目的としたコンピュータ教室を運営している。同校では、PCの老朽化やMicrosoft® Windows® XPのサポート終了期限といった課題に応えるため、PCの早急な更新を必要としていた。

ソリューション

長期にわたって使用できる基本性能と耐久性を備え、液晶ディスプレイのアーム部にも取り付け可能な超小型のデスクトップPC『ThinkCentre Tiny』を導入した。

導入効果

PCが劇的に小型化されたことで、デスク上の作業スペースが大きく広がり、教室内の圧迫感もさらに軽減された。また、2つのコンピュータ教室で端末が完全に統一されたことにより、授業を支援する管理サーバーやファイルサーバーも1セットに集約できている。

お客様プロフィール

お客様

東筑紫学園高等学校・照曜館中学校

所在地

福岡県北九州市小倉北区清水4-10-1

設立

1936年(昭和11年)3月3日

運営学校名

九州栄養福祉大学、東筑紫短期大学、東筑紫学園高等学校・照曜館中学校、東筑紫学園短期大学附属幼稚園

学生数

東筑紫学園高等学校1,192名、照曜館中学校195名(2014年5月1日現在)

教員数

東筑紫学園高等学校93名、照曜館中学校14名(2013年5月1日現在)

URL

http://www.hcg.ed.jp/

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです