ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

株式会社デジタル・フロンティア

初の「AMD Ryzen Threadripper PRO」搭載ThinkStation P620の導入でMotionBuilder、Maya、UEなどの高負荷映像ソフトの作業効率を大幅アップ

概要

レノボのワークステーション「ThinkStation Pシリーズ」のユーザー企業で、コンピュータグラフィックス(CG)などのデジタル技術を活用した映像の企画・制作を手掛けるデジタル・フロンティアでは、2020年末に「AMD Ryzen Threadripper PRO」をCPUとして採用した「ThinkStation P620」を導入、3Dアニメーションやモーションキャプチャーの処理基盤を大幅に強化しています。



課題

2020年11月、アニメーション部門からハイスペックのワークステーションがすぐに必要との要望が上がり、同部門が使うオートデスク社のリアルタイム3Dアニメーションソフト「MotionBuilder」や3Dアニメーション、モデリング、シミュレーション、レンダリング用ソフト「Maya」などを高速に稼働できる新たなワークステーションを2020年内に導入する必要に迫られた。

ソリューション

●採用決定から約1カ月で合計32台の「ThinkStation P620」を導入
●検証機の貸し出しに即応する営業・サポート力

導入効果

従来機種からThinkStation P620へのリプレースで、Mayaの処理スピードが約2倍に高速化されるなど、3Dアニメーションの稼働基盤が強化されたほか、モーションキャプチャーやレンダリングの処理スピードの大幅な向上も見込めている。

この課題を解決した製品・ソリューション

  • ThinkStation P620

    最大64コア/128スレッド対応のAMD Ryzen Threadripper PRO プロセッサー搭載。さらにハイエンドグラフィックスNVIDIA® Quadro® RTX8000も選択でき、解析やレンダリング、映像編集などの業務に優れたパフォーマンスを発揮します。

お客様プロフィール

お客様

株式会社デジタル・フロンティア

所在地

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-8

設立

2000年5月

URL

https://www.dfx.co.jp/

事業内容

映像全般の企画、および制作

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです