ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

日本赤十字社 大津赤十字病院

ベンダーロックインからの脱却による病院主導の機器選択で適材適所での製品導入が可能に

概要

大津赤十字病院は、日本赤十字社滋賀支部病院をルーツとする医療機関。緊急医療向けの高度救命救急センターを備え、非常災害救護では基幹災害拠点病院の役割も担っている。

同院では、電子カルテを含む病院システム全体のリプレースに伴い、1000台を超える業務用端末の総入れ替えを行うこととなった。そこで、「適材適所なシステム導入」をテーマに、電子カルテと連携可能なWindows PCの選定を病院主体で実施。

ベンダーロックインからの脱却はもちろん、ThinkPadをはじめとするレノボPCなどの導入により、業務効率化や大幅な省スペース化を実現した。



課題

医療分野ならではの慣習として、電子カルテの提供元と同じメーカーの端末じゃないと導入できないという暗黙のルールがあった。そのため、端末選定がベンダー任せになっており、利用者の意見を反映しにくかった。

ソリューション

電子カルテを利用できる端末という条件を満たしたうえで、利用実態に合った省スペースで耐久性のあるThinkCentre、ThinkPad、ThinkStation等を導入。ThinkVisionにより、デュアルモニター環境も実装できた。

導入効果

最新型端末の導入によるレスポンス向上を体感。コスト削減の恩恵を受け、当時導入していた台数よりも端末を増やすことができた。また、従来生じていたPC使用の待ち時間が削減され、本来の業務に集中できるように。

お客様プロフィール

お客様

日本赤十字社 大津赤十字病院

所在地

滋賀県大津市長等1丁目1-35

設立

1904年(明治37年)4月

病床数

684床(令和2年7月現在)

関連導入事例

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです