ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

導入事例

鹿島建設株式会社

BIMの活用にとどまらず、VRへの需要とAI(人工知能)技術も視野に、レノボのモバイル・ワークステーションを全面採用。

概要

鹿島建設株式会社は、日本を代表する大手総合建設会社(スーパーゼネコン)として、常に100年先を見つめながら、ダム、トンネル、橋梁、交通網などの土木分野、超高層ビル、集合住宅、美術館、スポーツ施設、学校などの建築分野でグローバルに事業を展開しています。
同社は、世界に先駆けてクラウドベースのBIMプラットフォーム『Global BIM®』を構築し、建物の事業計画段階から竣工後の維持管理まで、社内外の関係者がBIM(Building Information Modeling)データを共有・管理できる体制を整えています。そして、施工系の業務に携わる社員には、高度なBIM利用のニーズを満たしたレノボのモバイル・ワークステーション『ThinkPad Wシリーズ』(合計 約2,000台)を配布しています。
また、ヘッドマウント・ディスプレイを用いて建築空間を直感的に把握できる最新のVRシステムでThinkPad P50を検証機として活用しているほか、2016年秋口から配布する次世代機としてもThinkPad P50やThinkPad P40 Yogaの採用を予定しています。

課題

鹿島建設は、プロジェクト関係者同士でBIMデータの共有と管理を行えるクラウドベースのBIMプラットフォーム『Global BIM®』を運用している。Global BIM®のクライアント環境では、ハイエンド3D CADアプリケーションをはじめ、高負荷のエンジニアリング・アプリケーションが快適に動作しなければならない。
近年では、ユーザー端末のモバイル化も積極的に推し進めている関係から、Global BIM®の高度なニーズにきちんと応えられるモバイル型の高性能ワークステーションを必要としていた。

ソリューション

Global BIM®を支えるユーザー端末として、BIM関連のアプリケーションが快適に動作する『ThinkPad Wシリーズ』を導入している。また、ヘッドマウント・ディスプレイを組み合わせた先進のVRシステムでは、インテル® Xeon™ プロセッサー搭載のハイエンド・モバイル・ワークステーション『ThinkPad P50』を検証機として採用している。

導入効果

高性能プロセッサーとプロ向けグラフィックス・カードの搭載により、BIMワークフローを支えるハイエンド3D CADアプリケーションがストレスなく動作している。また、ヘッドマウント・ディスプレイを組み合わせたVRシステムでは、高フレームレートと低レイテンシーの映像表示により、違和感の少ない快適なVR体験を実現している。

お客様プロフィール

お客様

鹿島建設株式会社

所在地

東京都港区元赤坂1-3-1

創業

1840年(天保11年)

設立

1930年(昭和5年)

資本金

814億円余

従業員数

7,546名(2015年3月末現在)

事業内容

建設事業、開発事業、設計・エンジニアリング事業ほか

URL

http://www.kajima.co.jp

法人のお客様限定

販売店・特約店からのご購入を
希望の方専用フォームです