ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

特集

Archi Future 2013 レポート

最新の建築ソリューション展示にThinkStationが活躍!Archi Future 2013

ブース紹介2

株式会社ソフトウェアクレイドル

温熱環境・気流シミュレーションを行うSTREAMを紹介。さらにSTREAMで解析した結果を表示できるビューワソフトをデモンストレーションした。最新のビューワーソフトではタッチパネルに対応、10点マルチタッチパネルを搭載したレノボの省スペース一体型PC、ThinkCentre M93z All-In-Oneをブースに設置し、建築物の熱の分布の様子が立体的に表示され、画面のタッチで様々な方向から確認できる点をアピールしていた。

株式会社ソフトウェアクレイドル

  • ソフトウェアクレイドルのブース

    ソフトウェアクレイドルのブース

  • ソフトウェアクレイドルのブースではタッチパネル対応ビューワーが、タッチパネル搭載一体型PCのThinkCentre M93z All-In-Oneでデモを行った

    ソフトウェアクレイドルのブースではタッチパネル対応ビューワーが、タッチパネル搭載一体型PCのThinkCentre M93z All-In-Oneでデモを行った

株式会社アプリクラフト

3Dモデリングプラットフォーム Rhinoceros5の展示とともに、Rhinocerosのグラフィカル アルゴリズム エディター GrasshopperをインストールしたThinkStation E32を設置、プログラミングの知識がなくても画面上に手順のイメージを直感的に並べるだけで形状シミュレーションやレイアウトシミュレーションができることを実演した。なお、ブースでは当日に発売となったRhinocerosの解説本の紹介も行われていた。

株式会社アプリクラフト

  • Rhinoceros + Grasshopper のデモを行った

    Rhinoceros + Grasshopper のデモを行った

  • Grasshopperの計算手順は処理手順を直感的に並べて設定する。この画面がいわばプログラムのような役割を果たす

    Grasshopperの計算手順は処理手順を直感的に並べて設定する。この画面がいわばプログラムのような役割を果たす

エーアンドエー株式会社

Vectorworks Architect 2013の展示だけでなく、Vectorworks上で動くソフトウェアも合わせて展示。屋内外統合熱環境シミュレーションソフトのThermoRenderでは、屋内熱環境と屋熱負荷計算をさせ、歩行者シミュレーションソフトのSimTreadでは人の流れや群集の波を見える化している。ブースではThinkStation E32がシミュレーションを高速に動作させている様子が展示されていた。

エーアンドエー株式会社

  • エーアンドエーのブース

    エーアンドエーのブース

  • ThermoRenderで熱環境のシミューレーションをデモンストレーション。ThinkStation E32を使って行った

    ThermoRenderで熱環境のシミューレーションをデモンストレーション。ThinkStation E32を使って行った

オートデスク株式会社

展示ブースではThinkStation E32 SFFを利用して最新BIMソリューションAutodesk Revitのデモを行った。講演ではAutodesk Autodesk 360クラウドサービスを紹介、単なるデータを保存するクラウドではなく、エネルギー解析、構造解析といった演算に時間のかかるものをクラウド側で処理し、手元のワークステーションでは設計処理に専念できるソリューションを提供する。

オートデスク株式会社

  • オートデスクのブース

    オートデスクのブース

  • Autodesk RevitデモにThinkStation E31 SFFを利用

    Autodesk RevitデモにThinkStation E31 SFFを利用

Build Live JAPAN 2013

レノボ・ジャパンでは、昨年に続きBuild Liveにアワード協賛しました。
Archi Future 2013会場で行われた表彰式で優秀賞およびデザインプロセス賞を受賞した「Guppy 芝浦工業大学システム理工学部環境システム学科 澤田研究室」に最新タブレットを贈呈しました。
受賞おめでとうございます。

ソリューションベンダー各社様におかれましては、レノボ機材を展示にご活用いただき、誠にありがとうございました。御礼申し上げます。

関連特集