ビジネスに最適なIT環境の
構築をサポートするサイト

特集

ThinkStation完全検証

64ビット化でパワーアップVectorworks2015 P300とP500どちらを選ぶ?

ThinkStation P300/P500の最適構成は?

ThinkStation P300(左)とP500(右)

ThinkStation P300(左)とP500(右)

以上のことから、Vectorworks 2015では、まずはメモリー容量を上げることが良好なパフォーマンスを得る近道といえるだろう。CPUや本体のランクを上げるよりもThinkStation P300でメモリー容量を多めに構成し、グラフィックボードは処理に合わせて最適なものを搭載することが基本的なスペックの選び方となる。

その上でベース構成としては、ThinkStation P300にグラフィックボードを搭載、4コアCPU、8GBメモリー。次にワンランクアップの構成としてThinkStation P300に16GBメモリー、グラフィックはNVIDIA Quadro K2200程度がおすすめとなる。
さらにレンダリング重視のハイスペック構成には、6コア以上のCPUがあるインテル® Xeon® プロセッサー E5-1600v3を搭載するThinkStation P500も検討したい。32GB以上のメモリー、グラフィックボードもNVIDIA Quadro K4200以上も搭載可能となり、選択できるスペックの幅が広がる。複数のマシンがある環境では、すべてをハイスペックにする必要もないのでレンダリングを重視したワークステーションを1台設定し、あとはベーシックなスペックで揃えるという構成もできるだろう。
なお、ThinkStation P300はVectorworksの開発元であるNemetschek Vectorworks, Inc.の認証を取得している。快適に動作するスペックの選択はもちろんのこと、その上で動作が確認された機種を選ぶという安心感も選定ポイントとして検討していただければと思う。

※Vectorworks品質評価済みハードウェアサイト
Quality Tested Hardwareこちらをご参照ください。

  • ThinkStation P300 Towerの主な仕様

    • Xeon® プロセッサー E3-1200 v3 ファミリー

    • Core™ i3 / i5 / i7 プロセッサー

    • NVIDIA® Quadro®

    • 最大メモリ32GB

    • 4メモリスロット

    • HDD最大3基搭載

    • FLEXベイ2基搭載

    • USB3.0

  • ThinkStation P500の主な仕様

    • Xeon® プロセッサー E5-2600 v3ファミリー

    • NVIDIA® Quadro® (デュアル対応)

    • 最大メモリ256GB

    • 8メモリスロット

    • FLEXトレイ4基搭載

    • FLEXベイ2基搭載

    • USB3.0

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

Vectorworks 2015のより詳しい情報や見積りのご相談は、下記お問い合わせより、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

エーアンドエー株式会社

詳しいVectorworks 2015の情報はウェブサイトをご覧ください。

A&A

製品情報

  • ThinkStation P300 Tower

    インテル® Xeon® プロセッサー E3-1200 v3 ファミリー搭載。機能拡張に対応するエントリー・ワークステーション。

    後継機はこちら

  • ThinkStation P500

    ワークステーションスペックにYogaモードとペンタブレット機能を追加したクリエイティブ・モバイル。

    後継機はこちら

関連特集